Newsweek

投資の基礎知識

今さら聞けない、先物取引がマーケットを動かす理由

2019年7月19日(金)11時10分
山下耕太郎 ※株の窓口より転載

    Easyturn-iStock.

    <「先物主導で日経平均が上昇」などとよく聞くが、どんな人が先物取引をしており、それがどう影響するのか。一般投資家はそれにどう向き合えばいいのか>

    先物取引とは?

    大豆や金などの商品と同じように、株式市場でも「先物取引」が行われています。まだ収穫されていない作物を取引するように、まだ価格の決まっていない「未来の株」を取引するのです。

    あらかじめ定められた(将来の)期日に、特定の商品を、現時点で取り決めた価格で売買することを約束する――それが先物取引(futures contract)です。

    ■株式市場全体に影響を与える「指数先物取引」

    現物株を取引していている人は、日経平均株価やTOPIXなどの株価指数をチェックしているでしょう。日経平均株価は日本を代表する225社の株価の平均値、TOPIXは東証1部に上場している全銘柄の時価総額を対象とした株価指数です。

    どちらも個別株の株価を一定の計算方法によって数値化したものですが、実は、これらの値動きに大きな影響を持つのが、それぞれの指数を対象にした先物市場です。日経平均株価を対象にした先物取引は「日経225先物」、TOPIXを対象にしたものは「TOPIX先物」と呼ばれます。

    実際、株式市場では「先物主導で日経平均が上昇」といった解説がよくあります。これは、日経225先物がまず買われ、追随して日経平均株価が追随して動く、ということです。言い換えると、指数先物をチェックすることによって、株式市場全体の強弱を総合的に判断することが可能なのです。

    ■先物市場のメインプレイヤーは外国人投資家

    先物主導でマーケットが動く背景には、日経225先物やTOPIX先物の市場参加者が、証券会社や国内外の機関投資家など大口投資家が中心だという事情があります。とくに、大きなシェアを占めるのが外国人投資家です。

    売買代金で約6割を占めるなど、現物株でも大きな影響力を持つ外国人投資家ですが、先物市場では7~8割と、さらに大きなシェアを占めます。先物市場においても外国人投資家はメインプレイヤーなのです。

    【参考記事】日本の株価に大きな影響を与える「外国人投資家」の正体

    先物は流動性が高く、大きな資金を運用する機関投資家でも希望した値段で売買できます。このため、日本株全体に影響を及ぼすような好材料が出ると先物がまず買われますし、悪材料が出ると真っ先に売られることになります。

    先物市場を動かす2種類の参加者

    先物取引の参加者は、次の2つに分類できます。それが「ヘッジャー」と「スペキュレーター」です。

    ■現物株のリスクヘッジをする「ヘッジャー」

    ヘッジャーは、現物株のリスクヘッジとして先物を取引する市場参加者です。リスクヘッジとは、将来の不確定要素を排除すること。そして、先物取引のヘッジには、買いヘッジと売りヘッジがあります。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    本誌 最新号

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    2019年9月24日号  9/18発売

    人気ランキング

    • 1

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 2

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

    • 3

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

    • 4

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 5

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    • 6

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

    • 7

      北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

    • 8

      香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

    • 9

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 10

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 1

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 2

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

    • 3

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

    • 4

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 5

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 6

      消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

    • 7

      思い出として死者のタトゥーを残しませんか

    • 8

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 9

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 10

      韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

    • 1

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 2

      日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    • 3

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 7

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 8

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 9

      韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

    • 10

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して