Newsweek

トレーニング

囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニングの驚くべき効果とは?

2020年3月24日(火)17時20分
ニック・コリアス

    写真はイメージです。 vuk8691-iStock.

    <もしも外出禁止でジムに行けなくても問題ない、自重力トレーニングをやればいい――。話題の『プリズナートレーニング』著者が応じた貴重なインタビュー。キャリステニクスとは何か、なぜ優れたトレーニング法なのか(前編)>

    映画『300〈スリーハンドレッド〉』に出てくるスパルタ人のような外見を求め、あなたもジムで数え切れないほどの時間を費やしているだろう。

    しかし、あなたのトレーニングプログラムがどれほどすごいものでも、ポール・ウェイドはビクともしない。彼、そして本物の戦士たちは、神が与えたもの――体重――だけでそれを手に入れている。

    1979年に初めて収監されたポール・ウェイドは、アメリカの中でも特に凶悪な犯罪者たちが集まる監獄を20年以上渡り歩いた男だ。そして、2009年に出版された『Convict Conditioning』(邦訳版『プリズナートレーニング』山田雅久訳、CCCメディアハウス、2017年)と共にこの社会に戻ってきた――私たちのために。

    過酷な環境の中で生き抜くためにウェイドがたどり着いたのは、6つの動作(ビッグ6)をやることだった――プッシュアップ(腕立て伏せ)、プルアップ(懸垂)、スクワット、ハンドスタンド・プッシュアップ(逆立ち腕立て伏せ)、レッグレイズ(腹筋を使って脚を上げる動作)、ブリッジ(後ろに向かって脊柱を曲げる動作)だ。それだけ。そこに「正しい知識とバケツ1杯分の決意」さえあればいいらしい。

    フィットネスのウェブサイト――このサイトを含む――で紹介されているトレーニングプログラムをスクロールすれば、それで十分じゃないの?と不思議に思うかもしれない。

    現代のジムでは、プッシュアップやプルアップは普通、アペタイザー(ウォーミングアップ)かデザート(ハードなトレーニング後の仕上げ)に過ぎない。ウェイドのシステムは、レップ(トレーニングの回数)ではなくステップに焦点を当てることで、プッシュアップやプルアップをメインコースにしたものだ。

    「ビッグ6」の各々は10ステップに分かれ、レップ的なゴール基準をクリアすれば次のハードな世界へと進んでいけるシステムになっている。

    40レップスのプッシュアップをやり遂げても、あなたがいるのはまだステップ5。それができたらクローズ・プッシュアップ(両手の人差し指を触れ合わせてやるプッシュアップ)をやる権利を獲得する。

    conditioningbook20200324-1-2.jpg
    conditioningbook20200324-1-3.jpg

    プッシュアップのステップ5となるフル・プッシュアップ(『プリズナートレーニング』81ページ)

    このプッシュアップ・シリーズの最終ゴールは、ワンアーム・プッシュアップ(片腕でやるプッシュアップ)だ。それが「マスターステップ」であり、定期的にトレーニングしていれば、誰もがそこへ到達できるプログラムになっている。

    conditioningbook20200324-1-4.jpg
    conditioningbook20200324-1-5.jpg

    プッシュアップのステップ10、ワンアーム・プッシュアップ(『プリズナートレーニング』91ページ)

    2011年に出版された続編『Convict Conditioning 2』(邦訳版『プリズナートレーニング 超絶!!グリップ&関節編』山田雅久訳、CCCメディアハウス、2018年)では、クラッチフラッグ、レスラーブリッジ、指先プッシュアップなどのより複雑な動作が紹介されている。

    conditioningbook20200324-1-6.jpg

    クラッチフラッグ(『プリズナートレーニング 超絶!!グリップ&関節編』87ページ)

    これら2冊のマニュアルを使って徹底的に説明するだけでなく、ウェイドはそこに、古代ギリシャ人、武道家、囚人、伝説的なストロングマンであるチャールズ・アトラスなどの話を織り込みながら、自重力トレーニング(自分の体重だけを使って行う筋力トレーニング)の歴史を紐解いていく。

    「彼らは、釘や樽のような外部の物体に力を解き放つことで自分の強さを見せつけていた」。そして、「その強さは、多くの場合、体重をコントロールすることでつくったものだ」とウェイドは書いている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    本誌 最新号

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    2020年6月 2日号  5/26発売

    人気ランキング

    • 1

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

    • 3

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 4

      東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

    • 5

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 6

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 7

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 8

      コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

    • 9

      米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

    • 10

      中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

    • 1

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 3

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 4

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 5

      カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

    • 6

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 7

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 8

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 9

      新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

    • 10

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    • 7

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 8

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 9

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 10

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩