Newsweek

BOOKS

3歳の子を虐待死させた親の公判を、傍聴席から、そのまま提示する

外国語

外国語はいくつになっても習得できる(子供より速く)

Q.サカマキ

8x10の大判カメラで撮った「時代に抗う」ポートレート

<ブルックリンの公園でブルース・ポーリンが撮るポートレートに込められた、トランプ…

2018.05.22
李小牧(り・こまき)

57歳で雑誌のグラビア撮影(笑)をされながら考えたこと

<あの「エスクァイア」から撮影の依頼! 中国は変わった。そして、中国人の日本に対…

2018.05.19
冷泉彰彦

アメフト悪質タックル事件を、アメリカから考えると

<アメリカのNFLでもラフプレーは問題視されているが、今回のように露骨にやること…

2018.05.17
映画

東宝、海外進出を再起動 ハリウッド版「ゴジラ」と「君の名は。」へ共同製作出資

パックン(パトリック・ハーラン)

パックン、「忖度の国」日本のお笑いを本音で語る

<一発芸や漫才など「センスの結晶化」は欧米に劣るのか? 「コメディー」の頂点アメ…

2018.05.10
渡辺由佳里

スキャンダルで問い直されるノーベル文学賞の真の価値

<選考委員の夫のセクハラ・性的暴行スキャンダルで今年は見送りが決まったノーベル文…

2018.05.09
海外ノンフィクションの世界

私たちは猫が大好きだが、長い間「実用品」「虐待対象」扱いしていた

「日本すごい」に異議あり!

中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本すごい」に異議あり!

映画

ネット時代に生き残りかける映画館 料金細分化の韓国と格安定額制のアメリカ

映画

『君の名前で僕を呼んで』少年のひと夏の経験

テロ時代の海外旅行

歩きスマホはダメ!専門家に聞く海外旅行の安全対策

大場正明

現代アートを題材に、現代社会の不条理を描いた『ザ・スクエア 思いやりの聖域』

<カンヌ映画祭のパルムドールを筆頭に、多くの映画賞に輝いている問題作> スウェ…

2018.04.27
保坂修司

「映画禁止ではなかった」サウジ映画館解禁の伝えられない話

<4月18日、35年以上ぶりにサウジアラビアで映画館が復活した。しかし、西側メデ…

2018.04.27
ロッシェル・カップ

セクハラ訴訟を起こしたキャスターが指南する撲滅法/reach out to(連絡する)

【今週のTED Talk動画】 How we can end sexual ha…

2018.04.27
シリーズ日本再発見

日本各地のマラソン大会が「外国人ランナー歓迎」の理由

2018.04.27
テロ時代の海外旅行

日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

昼は困難だが夜はきらびやか──「ナオミ」を通して彼女が表現するもの

<イスタンブール在住のスーザン・ペクタスが、魔法のような構図で切り取る日常にはダ…

2018.04.20
風刺画で読み解く「超大国」の現実

中国の花見も梅・牡丹より今は桜

<もともと中国人は伝統的な美意識を代表する梅や牡丹の花が好きだったが、最近は日本…

2018.04.18