Newsweek

アート

アートシーンに息づくパンクロックのエネルギー

2019年5月7日(火)19時00分
ダニエル・エーブリー

    パンクロック関連のチラシやポスター、アルバムカバーなどの展示 COURTESY THE MUSEUM OF ARTS AND DESIGN

    <パンクのグラフィックデザインに注目する、異色のアート展が聖地ニューヨークで開催中>

    1970~80年代前半のパンクシーンは燃え上がってすぐに消えたが、文化やスタイルやデザインに与えた影響は今も続く。

    ニューヨークのアート&デザイン美術館(MAD)で8月18日まで開催中の『生きるには速すぎ、死ぬには若すぎる パンク・グラフィックス1976~1986』は、英米のパンク&ポストパンク・ムーブメントをグラフィックデザインの観点から探るアート展だ。チラシやポスター、アルバムカバー、個人製作誌など400点以上が展示され、パンクロッカーのイギー・ポップやバンド「ラモーンズ」のメンバーらのインタビュー映像や、パンクとポストパンクの誕生を記録した写真も見られる。

    「全て疑ってかかるパンクの精神は、エネルギーと色彩とノイズにあふれた革新的な作品とアイデアを提示するMADの精神そのものだ」と、MADのクリス・スコーツ館長は言う。

    magc190507-rock02.jpg

    PD REARICK; COURTESY OF CRANBROOK ART MUSEUM

    今回はミシガン州のクランブルック美術館が昨年開催したものをニューヨーク向けにアレンジ。マンハッタンのクラブCBGBのチラシ、ラモーンズのコンサートのポスターや記念品などNYパンクゆかりの品が並ぶ。「パンクの表現形態は常に視覚的だ」と、クランブルック美術館のアンドルー・ブラウーベルト館長は言う。「ファンのファッションやステージでのパフォーマンスから印刷物のデザインまで、パンクのエネルギーは音楽を超えて強力なサブカルチャー現象になってきた」

    <2019年4月30日/5月7日号掲載>

    201904300507cover-200.jpg

    ※4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が尊敬する日本人100人」特集。お笑い芸人からノーベル賞学者まで、誰もが知るスターから知られざる「その道の達人」まで――。文化と言葉の壁を越えて輝く天才・異才・奇才100人を取り上げる特集を、10年ぶりに組みました。渡辺直美、梅原大吾、伊藤比呂美、川島良彰、若宮正子、イチロー、蒼井そら、石上純也、野沢雅子、藤田嗣治......。いま注目すべき100人を選んでいます。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    本誌 最新号

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    2020年6月 2日号  5/26発売

    人気ランキング

    • 1

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 2

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 3

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 4

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 5

      東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

    • 6

      コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

    • 7

      ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

    • 8

      ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

    • 9

      米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

    • 10

      中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

    • 1

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 3

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 4

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 8

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 9

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 10

      新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 7

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 8

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    • 9

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 10

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩