Newsweek

アート

アートシーンに息づくパンクロックのエネルギー

2019年5月7日(火)19時00分
ダニエル・エーブリー

    パンクロック関連のチラシやポスター、アルバムカバーなどの展示 COURTESY THE MUSEUM OF ARTS AND DESIGN

    <パンクのグラフィックデザインに注目する、異色のアート展が聖地ニューヨークで開催中>

    1970~80年代前半のパンクシーンは燃え上がってすぐに消えたが、文化やスタイルやデザインに与えた影響は今も続く。

    ニューヨークのアート&デザイン美術館(MAD)で8月18日まで開催中の『生きるには速すぎ、死ぬには若すぎる パンク・グラフィックス1976~1986』は、英米のパンク&ポストパンク・ムーブメントをグラフィックデザインの観点から探るアート展だ。チラシやポスター、アルバムカバー、個人製作誌など400点以上が展示され、パンクロッカーのイギー・ポップやバンド「ラモーンズ」のメンバーらのインタビュー映像や、パンクとポストパンクの誕生を記録した写真も見られる。

    「全て疑ってかかるパンクの精神は、エネルギーと色彩とノイズにあふれた革新的な作品とアイデアを提示するMADの精神そのものだ」と、MADのクリス・スコーツ館長は言う。

    magc190507-rock02.jpg

    PD REARICK; COURTESY OF CRANBROOK ART MUSEUM

    今回はミシガン州のクランブルック美術館が昨年開催したものをニューヨーク向けにアレンジ。マンハッタンのクラブCBGBのチラシ、ラモーンズのコンサートのポスターや記念品などNYパンクゆかりの品が並ぶ。「パンクの表現形態は常に視覚的だ」と、クランブルック美術館のアンドルー・ブラウーベルト館長は言う。「ファンのファッションやステージでのパフォーマンスから印刷物のデザインまで、パンクのエネルギーは音楽を超えて強力なサブカルチャー現象になってきた」

    <2019年4月30日/5月7日号掲載>

    201904300507cover-200.jpg

    ※4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が尊敬する日本人100人」特集。お笑い芸人からノーベル賞学者まで、誰もが知るスターから知られざる「その道の達人」まで――。文化と言葉の壁を越えて輝く天才・異才・奇才100人を取り上げる特集を、10年ぶりに組みました。渡辺直美、梅原大吾、伊藤比呂美、川島良彰、若宮正子、イチロー、蒼井そら、石上純也、野沢雅子、藤田嗣治......。いま注目すべき100人を選んでいます。

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    本誌 最新号

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    2019年9月24日号  9/18発売

    人気ランキング

    • 1

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 2

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

    • 3

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 4

      香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

    • 5

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 6

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 7

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 8

      北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

    • 9

      文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由

    • 10

      文在寅「超側近」チョ・グクの疑惑がここまで韓国人…

    • 1

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 2

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

    • 3

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

    • 4

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 5

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 6

      消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

    • 7

      思い出として死者のタトゥーを残しませんか

    • 8

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 9

      韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

    • 10

      香港対応に見る習近平政権のだらしなさ