Newsweek

サッカー

同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

2019年7月8日(月)12時00分
クリスティーナ・コーテルッチ

    BENOIT TESSIER-REUTERS

    <「LGBTプライド月間中のW杯で輝けたことは素晴らしい」「くそったれホワイトハウスには行かない」ラピノーは分野を超えた新世代のヒーローだ>

    サッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会でアメリカ代表の快進撃に貢献したのが、FWのミーガン・ラピノー。6月28日のフランス戦で2得点を挙げて準決勝進出を決めた後、「LGBT(性的少数者)プライド月間にこの成果を上げられたことは感無量?」と問われたラピノーはこう答えた。「ゲイ、万歳!」

    続けて彼女は言った。「同性愛者なしのチームで優勝なんてできない。これまでだってずっとそう。これこそ科学。私にとって、同性愛者であることと、プライド月間中のW杯で輝けたことは素晴らしい」

    ラピノーだけでなく、同性愛を公言する有名人は増えている。多くの業界で、カミングアウトでキャリアが閉ざされることは減り、むしろ知名度アップに貢献する例すら出てきた。

    サッカー界はその進化の途上といったところ。関係団体やファンは、次第に同性愛者の選手への偏見をなくし、ようやく受け入れつつある段階だ。歴代最多得点記録保持者のアビー・ワンバックですら、引退の数年前まで同性愛を公言しなかった。

    対照的にラピノーは、積極的に自らの同性愛をアピールしてきた。SNSにはパートナーとの写真を頻繁に投稿し、昨年には恋人である女子プロバスケット選手スー・バードと共にヌードでスポーツ誌面を飾った。

    LGBTの先頭に立つだけではない。NFLの膝つき抗議行動への対応などから米トランプ政権を批判してきたラピノーは、今年1月のインタビューで、W杯で優勝しても「くそったれホワイトハウスには行かない」と断言。最近になってこの動画が公開されたことで注目を集めた。案の定、トランプ大統領は「まず優勝してから言え」「勝っても負けても招待してやる」とツイッターでかみついている。

    サッカーのプレーでファンを魅了し、LGBTの旗手となり、トランプにも屈しない──ラピノーは、分野を超えた新世代のアメリカンヒーローだ。

    ©2019 The Slate Group

    <2019年7月16日号掲載>

    20190716issue_cover200.jpg
    ※7月16日号(7月9日発売)は、誰も知らない場所でひと味違う旅を楽しみたい――そんなあなたに贈る「とっておきの世界旅50選」特集。知られざるイタリアの名所から、エコで豪華なホテル、冒険の秘境旅、沈船ダイビング、NY書店めぐり、ゾウを愛でるツアー、おいしい市場マップまで。「外国人の東京パーフェクトガイド」も収録。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染者ゼロの怪

    • 2

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 3

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑みで立ち往生のヘビ救った男たち

    • 4

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 5

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 6

      日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

    • 7

      米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

    • 8

      「37.5度以上はオフィス入室禁止」 日本企業もウイル…

    • 9

      新型コロナウイルス専門家会議、大規模イベント自粛…

    • 10

      習近平「1月7日に感染対策指示」は虚偽か

    • 1

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

    • 2

      今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

    • 3

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 4

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

    • 5

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 6

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 7

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

    • 8

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 9

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 10

      韓国と中国の関係に影を落としはじめた新型コロナウ…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 3

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 4

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

    • 10

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】流血と破壊に蹂躙される現代の暗黒郷アマゾン