Newsweek

YouTube

過熱する韓国キッズ・ユーチューバー ベンツ運転からタコのつかみ食いまで

2019年8月21日(水)19時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

    韓国No.ユーチューバー「ボラムチューブ」の過去動画よりボラムがベンツを運転しているようす JTBC News / YouTube

    <1本の動画でマンションが買えるほどの報酬を生み出すという6歳のキッズユーチューバー。だが、その子は本当に動画を作りたいのだろうか>

    今年発表された2018年度「日本の小学生がなりたい職業」第6位にユーチューバーが入っているように、ユーチューバーはすっかり職業として定着しているようだ。お隣りの韓国でも今年、韓国教育部が発表した2018年度版「小学生の希望する職業」第5位に今回初めてユーチューバーが登場し大人たちを驚かせた。韓国でもユーチューバーはあこがれの職業のようだ。

    「自動車を運転する」動画

    先月27日、アメリカのCNNにひとりの韓国人ユーチューバーが取り上げられ話題となった。YouTubeチャンネル「ボラムチューブ」のイ・ボラムちゃん6歳だ。ボラムちゃんは現在2つのチャンネルを保有している。

    主に日常やチャレンジなどを公開している「ボラムチューブ・ブイログ」は約1850万人、おもちゃなどのレビューが中心の「ボラムチューブ・トイ・レビュー」は約1380万人がフォローしており、合計の登録者数は3230万人を超える。両親は家族で株式会社ボラムファミリーを設立し、YouTube動画制作中心の会社運営をしているのだが、CNNはこのボラムファミリーが今年4月、ソウルの富裕層が住む江南地域に地下1階地上5階建て258.3平方メートルのビルを95億ウォンで購入したと報道した。

    もちろん、この話題は韓国国内のニュースでも報じられたが、この「ボラムチューブ」に対して問題視する声が上がっている。まだ6歳の女の子に大人が様々なことをさせてビデオに収め、それを本人の意思とは関係なく公開することは、幼児虐待ではないかというのだ。実際、過去に「ボラムチューブ」で公開された動画には「お父さんの財布からお金を盗む」「好きな人形を車で踏み潰す」「自動車を運転する」といったものがあったという。

    実はこの「ボラムチューブ」は、すでに2017年9月、子供の権利保護を支援する国際NGO団体「セイブ・ザ・チルドレン」から「子供に精神的苦痛を与える映像を演出して撮影した児童虐待の疑い」で告発されている。ソウル家庭裁判所は、2018年7月29日ボラムチャンネルを含む子供をメインとしたYouTubeチャンネル数件を児童虐待と判断し、これらの子供たちの両親に専門家の心理カウンセリングを受けさせることとなった。

    確かに最近、韓国の子供が登場するYouTubeチャンネルは、目先の再生回数欲しさに徐々に過激度を増しているようだ。ダンスを踊って公開する動画は一番多いが、なかには10歳の女の子にミニスカートを穿かせ、人気歌手ソンミのセクシーなダンスを踊らせる動画や、ASMR(自律感覚絶頂反応。マイクを近づけて様々な音を聞かせる)チャンネルでは、子供の口の音としてマイクをなめさせる番組まで存在する。もちろん、これらはすべて大人がやらせているのである。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ルポ五輪延期

    本誌 最新号

    特集:ルポ五輪延期

    「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

    2020年4月14日号  4/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

    • 2

      中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政府が返金を要求へ

    • 3

      新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      戦うべき敵は欧米コンプレックス

    • 6

      中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

    • 7

      「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

    • 8

      コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

    • 9

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 10

      夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

    • 1

      「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

    • 2

      韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

    • 3

      BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

    • 4

      台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

    • 5

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 6

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 7

      コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

    • 8

      新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

    • 9

      新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

    • 10

      中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

    • 1

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 2

      一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

    • 3

      「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

    • 4

      BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

    • 5

      ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

    • 6

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 7

      韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

    • 8

      新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

    • 9

      フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

    • 10

      韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】福島の酪農家、葛藤の9年間