Newsweek

映画

3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初心者向け&復習用)

2019年12月20日(金)12時00分
森田優介(本誌記者)

    ニューズウィーク日本版SPECIAL EDITION『STAR WARS スター・ウォーズ完結編『スカイウォーカーの夜明け』への道のり』6~7ページ

    <初心者でも大丈夫、往年のファンも過去8作を見直す必要なし。最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観に行く前に押さえておきたい基礎知識>

    「スター・ウォーズって、どれから観ればいいですか?」

    そう聞かれて「エピソード4から」と答える人もいれば、「エピソード1から」と答える人もいる。そしてせっかく関心を持ってくれた「スター・ウォーズ」ビギナーを戸惑わせてしまう。

    ジョージ・ルーカスが1977年に生み出した「スター・ウォーズ」の物語が、12月20日公開の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でひとまず終わりを告げる。壮大な宇宙叙事詩のフィナーレを飾るシリーズ第9作だ。

    世界的な注目作である。だが、これまでに8作もが公開されてきたシリーズもので、しかも最初の作品の公開は40年以上前。関心があっても、過去8作を全部は観ていないから、あるいは覚えていないからと、映画館に足を運ぶのを躊躇する人もいるかもしれない。

    それではもったいない。

    「スター・ウォーズ」シリーズは基本的に、予備知識がなければ楽しめない映画でも、筋金入りのファンだけのための映画でもない。誰もがポップコーンを食べながら鑑賞できるような娯楽SF大作だ。

    映画館に行く前に8本もの作品を観ておく必要はないし、実際、合計18時間を超えるそんな「復習」をするのはなかなかハードルが高い(『スター・ウォーズ』は、ネットフリックスで観られないし、アマゾン・プライムでも見放題になっていないという悩ましさもある)。
    2019SWmook_cover200.jpg
    そこでニューズウィーク日本版では、SPECIAL EDITIONムック『STAR WARS スター・ウォーズ完結編『スカイウォーカーの夜明け』への道のり』(以下、本誌)を制作。主な登場人物に焦点を当て、シリーズの物語をたどり、映画では描き切れないエピソードを扱った外伝(スピンオフ)も紹介、ファンの視点で選んだ写真と記事で数々の名場面を振り返った。

    100ページ弱の中にシリーズの魅力を凝縮した本誌は、「スター・ウォーズ」ビギナーの「予習」にも、ファンの「復習」にも格好の1冊となるだろう。

    ここでは本誌を元に、基礎知識と過去8作のあらすじを簡単に紹介しよう。記事の冒頭に載せた人物相関図(本誌より)も参考にしてもらいたい。

    【参考記事】カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新キャラと予想

    『エピソード4』が最初の作品、時間軸は新3部作→旧3部作→続3部作

    4から観るか、1から観るか――。そんな問いが出てくるのは、1977年に公開された最初の『スター・ウォーズ』が大ヒットし、後に『エピソード4/新たなる希望』と副題を付けられたから。「最初の作品=エピソード1」ではない。

    80年に、その続編となる『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』、83年に『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』が公開され、ここで物語は一旦完結。主人公のルーク・スカイウォーカーが悪役のダース・ベイダーと戦うこの3作がオリジナルの3部作で、俗に「旧3部作」と呼ばれる。

    本誌紹介

    特集:ドイツ妄信の罠

    本誌 最新号

    特集:ドイツ妄信の罠

    良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

    2020年11月 3日号  10/27発売

    人気ランキング

    • 1

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 2

      米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

    • 3

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 4

      日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

    • 5

      新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

    • 6

      新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

    • 7

      日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

    • 8

      キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

    • 9

      中国共産党化する日本政治

    • 10

      コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 3

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 4

      女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

    • 5

      中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

    • 6

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 7

      黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

    • 8

      毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

    • 9

      ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

    • 10

      中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

    • 3

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 4

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 7

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 8

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 9

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 10

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う