Newsweek

感染症対策

新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の中」が違う 歯科医推薦、免疫力高める「7秒うがい」とは

2021年1月24日(日)15時20分
照山 裕子(歯学博士、東京医科歯科大学非常勤講師(顎義歯外来)) *PRESIDENT Onlineからの転載

    新型コロナ感染防止には「正しいうがいが役立つ」と歯科医の照山裕子さんはいう。kragle - iStockphoto


    新型コロナ感染防止をより徹底するにはどうすればいいのか。歯科医の照山裕子さんは「正しいうがいをすることが重要です。新型コロナウイルスは、口のなかにばい菌が多い人ほど重症化しやすいことがわかってきています。インフルエンザと異なり、唾液腺や歯ぐき、舌など、口のなかで増えることも明らかに」と指摘する。照山さんによる口腔衛生の独自メソッド「7秒うがい」の方法を紹介しよう----。

    ※本稿は、照山裕子『歯科医が考案した新習慣!免疫力を高めてウイルスを遠ざける7秒うがい』(きずな出版)の一部を再編集したものです。


    歯磨きのうがい不足で、菌やコロナを含むウイルスを洗い流しきれない

    「みんな、正しいうがいのやり方を知らないのかもしれない」

    これが、長年歯科医師として働き、多くの患者さんの口のなかと、うがいのやり方を見てきた私の感想です。みなさんも歯医者さんに行ったら、治療の合間あいまに「口をゆすいでください」と指示されると思います。そんなとき、多くの患者さんは口のなかに水を含んで軽くゆすぐだけで、すぐに水を吐き出してしまいます。なかには、まったく音が聞こえてこないほど静かなこともあります。残念ながら、そのようなうがいでは、治療した歯の削りかすや薬剤などが、口のなかにベッタリと残ってしまっているのです。

    もちろん、「治療の最中だから、手早く済ませよう」という患者さんたちの配慮もあるでしょう。あるいは麻酔が効いていれば、うまくゆすげなくて当然です。でも、もしも普段のうがいも2~3回ブクブクするだけで済ませているとしたら、明らかに「うがい不足」です。

    これでは、口のなかに歯磨き粉の研磨剤などが残ったままになりますし、ばい菌やウイルスなどを洗い流しきれません。新型コロナウイルスの流行によって、これまで以上に多くの人が「外から帰ったら、うがい、手洗い」を習慣にしていると思います。

    でも、そもそも間違ったうがいをしていては、その効果もほとんどなくなってしまいます。これはとても、もったいないことですよね。

    口のなかが汚いとコロナを含む"感染症"が重症化しやすい

    しかし人々のうがいが不十分なのは、仕方がないことだと思います。というのも、私たちはだれも「正しいうがいのやり方」を、人から教わったことがないからです。

    reuters__20210124153001.jpg

    出所=『歯科医が考案した新習慣!免疫力を高めてウイルスを遠ざける7秒うがい』

    歯磨きについては、私たちは小さいころからやり方を教えられます。手の洗い方も、「誕生日の歌を歌いながら、爪の間までしっかり洗いましょう」などと教えてもらえます。

    でも、うがいのやり方については、だれも教えてくれないのです。じつは「正しいうがいのやり方」は、確立されていません。うがいは日本古来の風習とされ、これまでだれも、うがいについてしっかり研究していないからです。

    しかしその一方で、「口のなかの汚さ」と「感染症の重症化リスク」の関係性は多くの研究で明らかにされています。口のなかが汚いと感染症にかかりやすくなり、重症化しやすくなることは間違いないのです。

    そもそも、虫歯や歯周病といった疾患も、れっきとした細菌による"感染症"ですから、口のケアが不足していると、まずはそうしたトラブルが発生してきます。

    うがいは長くやるより「強く」やることが大事

    そこで私は、自分のこれまでの臨床経験をベースに試行錯誤を重ね、世界で唯一の「うがいメソッド」をつくりました。照山流のうがいメソッドをこれまで多くの患者さんに実践してもらったのですが、みなさんから

    「スッキリ感がまるで違う!」
    「口のなかのネバつきがなくなった!」
    「歯石しせきがつかなくなって、歯医者さんにびっくりされました!」

    などと、うれしい反響をいただいています。うがいは、ただ時間をかけてやればいいわけではありません。うがいで大切なのは「強さ」です。

    本誌紹介

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    本誌 最新号

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

    2021年4月20日号  4/13発売

    人気ランキング

    • 1

      女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を引きずられる──中国

    • 2

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

    • 3

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 4

      東芝 車谷社長の何が悪いのか?

    • 5

      日米を代表する2大怪獣が激突 『ゴジラvsコング』勝…

    • 6

      ブロックチェーン技術の新展開「NFT」が、これほど盛…

    • 7

      原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

    • 8

      仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

    • 9

      新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

    • 10

      ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

    • 1

      青色の天然着色料が発見される

    • 2

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 3

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

    • 4

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

    • 5

      ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

    • 6

      日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

    • 7

      女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

    • 8

      「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

    • 9

      「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

    • 10

      エヴァと私の26年

    • 1

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

    • 2

      観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

    • 3

      国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

    • 4

      「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

    • 5

      EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

    • 6

      30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

    • 7

      孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

    • 8

      ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

    • 9

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 10

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリア内戦、10年目の絶望と救い