Newsweek

テクノロジー

軍用ドローンで世界はどうなる 〈無人化〉時代の倫理に向けて

2018年10月10日(水)18時15分
渡名喜 庸哲

    クルド独立派武装勢力PKKの女性兵士が敵を偵察してきたドローンの着陸を待ち構えている。今や紛争地帯でドローンが行き交うのは日常的な光景となりつつある。 Asmaa Waguih-REUTERS


    2010年以降、急速に普及し始めた小型無人飛行機─ドローン。従来の物理的な制約に縛られない能力は、"空の産業革命"とも呼ばれるが、一方でドローンは我われの目に触れないところで、テロリストを監視し、遠く離れた紛争地帯で敵を抹殺する最強の兵器としても使われている。こういうドローンという多義的な存在をフランスの気鋭哲学者グレゴワール・シャマユーが倫理、哲学の視点から論じたのが「ドローンの哲学――遠隔テクノロジーと〈無人化〉する戦争」(明石書店)。訳者の渡名喜 庸哲氏の解説から、ドローンを巡る倫理問題をさぐる。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:中国発グローバルアプリ TikTokの衝撃

    本誌 最新号

    特集:中国発グローバルアプリ TikTokの衝撃

    世界に広がる中国発の動画アプリTikTok 10代・20代が夢中になるその秘密とは

    2018年12月25日号  12/18発売

    人気ランキング

    • 1

      気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

    • 2

      ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

    • 3

      フィリピンはゴミ捨て場か!と反韓の声 韓国業者が違法産廃を大量に「輸出」

    • 4

      これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳…

    • 5

      永住者、失踪者、労働者──日本で生きる「移民」たち…

    • 6

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 7

      「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

    • 8

      マズローの欲求5段階説にはさらに上があった。人類…

    • 9

      少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

    • 10

      太陽コロナに触れる探査機、熱で溶けない4つの理由:…

    • 1

      ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

    • 2

      これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

    • 3

      気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

    • 4

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 5

      「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

    • 6

      【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

    • 7

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

    • 8

      「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

    • 9

      「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

    • 10

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 1

      ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

    • 2

      これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

    • 3

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

    • 6

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 7

      恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

    • 8

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

    • 9

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 10

      「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい