Newsweek

テクノロジー

国境を越えて貸し借りができる充電器シェアリングサービス「ChargeSPOT」

2019年5月15日(水)17時45分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

    INFORICH

    <スマホ利用者の悩み「充電切れ」の解消にシェアリングサービスが登場。しかも、東京で借りたバッテリーを香港で返却する、といったことも可能だ>

    スマートフォンの所有率は年々上がっており、日本では今、世帯保有率が75%超と、パソコンの所有率をも上回っている。そんなスマートフォン利用者たちにとって、尽きない悩みの1つが充電切れだ。外出先で充電が切れそうになって困った経験は、誰にでもあるだろう。

    モバイルバッテリーを購入して持ち歩く人も少なくないが、スマートフォン充電器にはシェアリングサービスもある。「ChargeSPOT (チャージスポット)」だ。専用アプリで利用者とスマートフォン充電器を繋ぐプラットフォームで、なんと国境を越えての貸し借りもできる。出張や旅行にも使える便利なプラットフォームだ。

    使い方は簡単。外出時に充電が切れてしまった際、最寄りのChargeSPOTスタンドをアプリで検索し、そこで充電器を借りることができる。また、借りたバッテリーはどのスタンドでも返却が可能だ。

    国内では現在約2500台のスタンドがあり、香港ではセブンイレブン700店舗へ導入されている。さらには台湾・タイ・ハワイへの進出も決まっているので、例えば東京で借りたバッテリーを香港で返却する、などといったことも可能。今後はさらにグローバルに利用できるようになるだろう。

    chargespot190515-2.jpg

    INFORICH

    専用アプリをインストールして登録すれば、最寄りのレンタルスポットでQRコードをかざすだけでバッテリーのレンタルができるという気軽さ。その場で充電が終わるのを待つ煩わしさがなく、どのスタンドでも返却が可能なので、充電しながら移動することができる。レンタル開始から返却まで1時間150円、48時間まで300円、48時間以降は2280円でバッテリー返却不要となる。

    ChargeSPOTの専用アプリに加え、ユーザー数10億人を越える中国のSNSアプリ「WeChat」内のミニプログラムでも利用できるようになっている。今後はLINEアプリ内のChargeSPOT公式アカウントから直接サービスが利用できるようになる予定だ。

    chargespot190515-3.jpg

    INFORICH

    さらには、イオングループ、ローソン、TSUTATA、NTTドコモ、JR九州(実証実験中)、近鉄、森ビル、神戸市、福岡市など、数百にのぼる企業や法人での導入が決まっており、年内に1万5000カ所、2021年には10万カ所のChargeSPOT設置が計画されている。また、これら国内および海外市場における事業展開を視野に入れ、ゴールドマン・サックスから運転資金支援を受けるための基本合意に至っている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    本誌 最新号

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

    2020年1月28日号  1/21発売

    人気ランキング

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

    • 3

      ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にいじめ批判

    • 4

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 5

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

    • 6

      バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

    • 7

      人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

    • 8

      世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

    • 9

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 10

      2600年前の脳がそのままの状態で保存されていた ....…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

    • 3

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

    • 4

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

    • 5

      野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

    • 6

      オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

    • 7

      年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

    • 8

      日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

    • 9

      TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

    • 10

      韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 3

      韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

    • 4

      韓国の自動車が危ない?

    • 5

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 6

      トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

    • 7

      イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

    • 8

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 9

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

    • 10

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】独裁へと突き進む新トルコ帝国の日常