Newsweek

美容

遺伝子組み換えでもいい!? 魅惑のスーパートマトが若返りへと誘う

2018年07月25日(水)16時45分
カスタリア・メドラノ

    リコピンなどの抗酸化成分を豊富に含むトマトはもともとアンチエイジングの強力な味方 LARRY WASHBURN/GETTY IMAGES

    <ビタミンEが通常の6倍、リコピンは2倍。老化防止に役立つ抗酸化成分を倍増させた遺伝子組み換えトマトを香港の研究チームが開発>

    人気ランキング

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      国際結婚のダークサイド 夫に親権を奪われそうにな…

    • 3

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 4

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 5

      日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

    • 1

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 2

      日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

    • 5

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 3

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

    • 4

      「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

    • 5

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:弾圧中国の限界

    2019-6・25号(6/18発売)

    ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!