Newsweek

美容

遺伝子組み換えでもいい!? 魅惑のスーパートマトが若返りへと誘う

2018年07月25日(水)16時45分
カスタリア・メドラノ

    リコピンなどの抗酸化成分を豊富に含むトマトはもともとアンチエイジングの強力な味方 LARRY WASHBURN/GETTY IMAGES

    <ビタミンEが通常の6倍、リコピンは2倍。老化防止に役立つ抗酸化成分を倍増させた遺伝子組み換えトマトを香港の研究チームが開発>

    人気ランキング

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

    • 3

      暴力、体と性、労働と経済......ドイツの100年を超え…

    • 4

      いじめは減ったのか? 男女の区別をなくすイギリス…

    • 5

      世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

    • 3

      世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

    • 4

      「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

    • 5

      炭酸飲料の取りすぎでアルツハイマーにかかるリスク…

    • 1

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      結婚するまで「生理」の存在さえ知らなかった男たち─…

    • 4

      世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

    • 5

      炭酸飲料の取りすぎでアルツハイマーにかかるリスク…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

    2018-10・23号(10/16発売)

    中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

    絶賛発売中!