Newsweek

美容

遺伝子組み換えでもいい!? 魅惑のスーパートマトが若返りへと誘う

2018年07月25日(水)16時45分
カスタリア・メドラノ

    リコピンなどの抗酸化成分を豊富に含むトマトはもともとアンチエイジングの強力な味方 LARRY WASHBURN/GETTY IMAGES

    <ビタミンEが通常の6倍、リコピンは2倍。老化防止に役立つ抗酸化成分を倍増させた遺伝子組み換えトマトを香港の研究チームが開発>

    人気ランキング

    • 1

      「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

    • 2

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      私たちがボトックスを使う理由は美容だけにあらず …

    • 5

      「ズッキーニの花に出合うと胸が高鳴る」!? 嫌いな…

    • 1

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 2

      「子供に何も買ってやれない」社会の底辺で生きる人…

    • 3

      「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      日本に埋もれていた衝撃の傑作「アール・ブリュット…

    • 1

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      性器を握り、触る......「捕食者」と呼ばれる国連高…

    • 4

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

    • 5

      「子供に何も買ってやれない」社会の底辺で生きる人…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:移民の歌

    2018-12・11号(12/ 4発売)

    「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

    絶賛発売中!