Newsweek

ヘルス

「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジャーシーズンに気をつけたい予期せぬハプニング

2018年07月04日(水)18時15分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

    何日経っても不快感は消えず、意を決してまぶたの裏の赤くはれた部分を自力でつまみ出した。取れた物体を見ると、もちろんまつ毛じゃない。うごめく小さな虫だった。

    (目から出てきた寄生虫)


    後に分かった寄生虫の正体はテラジア。牛に感染するとされていて、ベックリーはヒトに感染した初めてのケースと大きく報じられた。ベックリーの目から出てきたテラジアは最終的に14匹だった。

    これから夏本番で楽しいシーズンが始まるが、国内でも海外でも屋外でのレジャーに興じるときには不測の事態があることも頭に入れておきたい。

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
    毎日配信のHTMLメールとしてリニューアルしました。
    リニューアル記念として、メルマガ限定のオリジナルコンテンツを
    毎日平日アップ(~5/19)
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    人気ランキング

    • 1

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 2

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 3

      子どもをもたない生き方 ──「チャイルド・フリー」も…

    • 4

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 1

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 1

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 2

      ロックダウン中、世界各地で早産が激減していたこと…

    • 3

      学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:人生を変えた55冊

    2020-8・11号(8/ 4発売)

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

    ※次号は8/18(火)発売となります。

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!