Newsweek

リラックス

知らない人とパジャマでハグ!? 密かにブーム広がる「フリーハグ」ならぬ有料ハグ会の実態

2018年09月13日(木)20時00分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

    はっきりと自分の意志を表示できるようになるメリットも? Ivanko_Brnjakovic-iStock

    <渋谷駅前に出没する「フリーハグ」とはわけが違う。ハグのプロによるセッションは4万超えの立派なサービスだ>

    人気ランキング

    • 1

      真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

    • 4

      心臓病リスクを下げる犬種は? 「ハート」を守る愛…

    • 5

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    • 1

      世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      【潜入調査】入店40分待ち!? フランスの高級ブラン…

    • 4

      命知らずの自撮りが「クール」の証⁉ 死者が多すぎて…

    • 5

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    • 1

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      結婚するまで「生理」の存在さえ知らなかった男たち─…

    • 4

      世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

    • 5

      炭酸飲料の取りすぎでアルツハイマーにかかるリスク…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

    2018-10・23号(10/16発売)

    中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

    絶賛発売中!