Newsweek

遅刻

遅刻魔は成功する上に長生きする? 迷惑な人たちへの対処法とは

2018年09月05日(水)15時05分
田中美貴(イタリア在住ライター)

    遅刻常習者には楽観的な考え方の人が多い? (写真はイメージ) perek arici-iSock

    <遅刻はされる側には迷惑な話。寛容になれないこともあるが、うまく付き合うべく遅刻魔のタイプを知ろう>

    人気ランキング

    • 1

      「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

    • 2

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 3

      13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

    • 4

      パリに開店した3ツ星シェフの「無料レストラン」にボ…

    • 5

      「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

    • 1

      13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

    • 2

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 3

      「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

    • 4

      女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

    • 5

      パリに開店した3ツ星シェフの「無料レストラン」にボ…

    • 1

      13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

    • 2

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

    • 5

      パリに開店した3ツ星シェフの「無料レストラン」にボ…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:沖縄ラプソディ

    2019-2・26号(2/19発売)

    報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!