Newsweek

遅刻

遅刻魔は成功する上に長生きする? 迷惑な人たちへの対処法とは

2018年09月05日(水)15時05分
田中美貴(イタリア在住ライター)

    遅刻常習者には楽観的な考え方の人が多い? (写真はイメージ) perek arici-iSock

    <遅刻はされる側には迷惑な話。寛容になれないこともあるが、うまく付き合うべく遅刻魔のタイプを知ろう>

    人気ランキング

    • 1

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      「服は毎日変えない」新常識に? 着るものの買い方…

    • 4

      ピカソ、クレーの名画の「裏側」を見る展覧会でナチ…

    • 5

      「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

    • 1

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 2

      「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      私たちがボトックスを使う理由は美容だけにあらず …

    • 5

      「服は毎日変えない」新常識に? 着るものの買い方…

    • 1

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 2

      性器を握り、触る......「捕食者」と呼ばれる国連高…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

    • 5

      「子供に何も買ってやれない」社会の底辺で生きる人…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:間違いだらけのAI論

    2018-12・18号(12/11発売)

    AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

    絶賛発売中!