Newsweek

ファッション

ファッションの可能性と自身の行動について考える体験型ミュージアム

2018年11月22日(木)18時30分
河内秀子(ドイツ在住ライター)

    ファッションビジネスにおける革新的なイノベーション事例が50以上を展示 Fashion for Good (c) Presstigieux

    <ファッション業界が抱える問題と解決の糸口になるイノベーションを主題にしたユニークなミュージアムがアムステルダムにオープンした>

    今年10月、数多くの美術館が立ち並ぶオランダ、アムステルダムに「ファッション・フォー・グッド・エクスペリエンス(Fashion for Good Experience)」というミュージアムがオープンし、話題を呼んでいる。

    ファッションにおけるイノベーションをインタラクティブに学べる体験型ミュージアムで、革新的な技術がそれを応用したファッションの事例とともに展示されている。入場料は無料でここを訪れるあらゆる人たちに、自分の消費行動を見直し、ファッション業界にどうやってポジティブな影響を与えられるかを考えてもらうことが目的だという。

    現状を変えるための50以上の革新的な事例

    844平米、3フロアに広がる展示は地下1階からスタートする。2000年降急激に成長したファストファッションをはじめ現代の大量生産を主軸とするファッションビジネスにおいて、スピードの速い消費の在り方に潜む問題点が指摘されている。綿花栽培から製造、染色、輸出から店に並ぶまで、つまり、自分がいま身につけている服はどうやって作られるのかという商品の背後にある物語が可視化される展示になっている。

    展示のメインは2階のイノベーション・ラウンジだ。上記の問題点の解決の糸口となる、50を超える革新的な技術事例が具体的に紹介されている。

    例えば、Colorifix社による染色技術。イギリスのデザイナー、ステラ・マッカートニーが今夏、自ブランドのワンピースに取り入れたこの技術は、人工的に合成した微生物を用いて自然の色を布に移すというもの。従来の染色技術に比べ、使用する水の量は10分の1で済み、環境に影響を与える重金属や有機溶剤、酸も使わないため、環境への影響を格段に減らすことができる。

    ffg-Stella McCartney x Colorifix- credits Presstigieux-720.jpg

    環境への影響を格段に減らす染色技術を利用したステラ マッカートニーのワンピース Fashion for Good (c) Presstigieux

    人気ランキング

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 3

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 4

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 5

      「遺書は用意した?」 歩いて野生動物に会いに行くウ…

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      「遺書は用意した?」 歩いて野生動物に会いに行くウ…

    • 3

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 4

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 5

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

    • 3

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 4

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:パックンのお笑い国際情勢入門

    2019-8・20号(8/ 6発売)

    世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

    ※次号は8/20(火)発売となります。

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!