Newsweek

ファッション

ファッションの可能性と自身の行動について考える体験型ミュージアム

2018年11月22日(木)18時30分
河内秀子(ドイツ在住ライター)

    ミュージアップショップも興味深いテーマ仕立て

    1階にはサステナブル・ファッションのショップがある。3カ月おきに変わる様々なテーマによってキュレーションされた商品が並ぶ。オープン時の最初のテーマは「スプラッシュ! ファッションビジネスにおける水の役割」で、キング・オブ・インディゴ(Kings of Indigo)、アディダス×パーリィー(Adidas x Parley)、インセイン・イン・ザ・レイン(Insane in the Rain)などのブランドが登場している。

    アディダス×パーリィーは海洋プラスチックごみを回収し、新たな素材へと生かしているが、ゴーストネットと呼ばれる漁船から流れた漁網を糸にして、靴の表面の模様に利用した商品などが置かれている。そうしたものを手に取ると、ファッションが単に消費されるデザインに限られないことが実感できるだろう。
    ffg-Good Shop 1©presstigieux-13-720.jpg

    サステナブル・ファッションを集めた1階のショップ Fashion for Good (c) Presstigieux

    このミュージアムの仕掛け人は、アムステルダムに拠点を置く「ファッション・フォー・グッド(Fashion for Good)」。2017年に創立されたファッションビジネスが抱える問題の解決を目標に置く団体だ。

    「私たちの目的は、ファッション業界を変えること。そのために開発者とブランド、販売店を繋いでいきたい。例えば、アディダスが皮革の代わりになるようなサステナブルな素材を探していたとしたら、その分野で新しい技術を開発しているスタートアップ企業を提案します」

    ファッションへの意欲を失わなせい

    ドイツのヴェルト紙はこう報じている。「これまでのサステナブル・ファッションは、消費者側に指図するような、ファッションへの興味や意欲を失わせるようなものだった。しかしこのミュージアムは、技術革新によるファッションの可能性を具体的に見せることで様々な人を惹きつける」

    おしゃれなコンセプトストアのようなショーウィンドウの前を通りがかり、ふらりと入ってくる人もいる。「このミュージアム素敵!」と自撮りをしてインスタグラムにアップする女の子たちも多い。スタイリッシュな彼女たちも多様なインスピレーションを受けているようだ。

    人気ランキング

    • 1

      「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

    • 1

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 1

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    2020-6・ 2号(5/26発売)

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!