Newsweek

インタビュー

市原えつこが今までにない「祭り」に挑戦──気鋭のアーティストに喝を入れた1冊の本とは

2019年03月11日(月)17時20分
今井順梨

    作品発表の場では巫女の装束を着る市原さん。「アクセサリーも巫女装束に合うかどうかで選んでいます」 Newsweek Japan

    <死や弔いをテーマに作品を手掛けてきた新時代のメディアアーティスト、市原えつこは今新作に取り組んでいる。アイデアが降りてこないとき、自分に足りていなかったものに気づかせくれたのは懐かしい本との再会だった>

    人気ランキング

    • 1

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 2

      アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 1

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 2

      高齢時に忘れっぽい人になるかどうかは、8歳の時に予…

    • 3

      フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

    • 4

      運命の巡り合わせ──亡き父の携帯番号にメッセし続け…

    • 5

      「胎盤食=カニバリズム」の見解も 胎盤サプリは究…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 4

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    2019-11・19号(11/12発売)

    政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!