Newsweek

英王室

メーガン妃へのマタハラツイート、7割がわずか20のアカウントから

2019年03月12日(火)18時00分
松丸さとみ

    1月から2月中旬までの間にヘイト・ツイートの数は5204件に達した Chris Jackson-REUTERS

    <メーガン妃に対して数多くの嫌がらせツイートが投稿されているが、その7割がわずか20のツイッターアカウントから発信されていることが明らかになった>

    反メーガンのツイート、1カ月半で5200件超

    英チャールズ皇太子の次男ハリー王子と結婚した元ハリウッド女優のメーガン妃に対して数多くのマタハラツイートやヘイト・ツイートが投稿されているが、その7割がわずか20のツイッターアカウントから発信されていることがこのほど明らかになった。

    サセックス公爵夫人ことメーガン妃は現在、ハリー王子との子を妊娠している。しかしその妊娠を「ウソ」だと主張するものや「国に帰れ」などの嫌がらせツイートが横行しており、英国王室はソーシャル・メディア(SNS)のガイドラインを発表するに至った。

    米メディアCNNによると、人種差別やファシズムに関するリサーチを行なっている英国の団体ホープ・ノット・ヘイト(憎悪ではなく希望を)が、1月から2月中旬までの1カ月半に発信された、メーガン妃に否定的なハッシュタグを使ったツイートについて調査した。CNNは細かい数字を掲載していないが、英デイリーメール紙はホープ・ノット・ヘイトが分析したヘイト・ツイートの数は5204件に達したと伝えている。

    メーガン妃に否定的なハッシュタグには、英国が欧州連合から離脱する「Brexit」(ブレグジット)をもじって「megxit」(メグジット)としたものや、「ペテン師公爵夫人」(Charlatanduchess)というものもある。CNNによるとこうしたハッシュタグは、「Brexit」や、トランプ大統領のキャッチフレーズ「アメリカを再び偉大に」を意味する「MAGA」といった政治的なハッシュタグとともに使われることもあるという。

    たまりかねた王室、ブロックも辞さないとの方針を提示

    デイリーメールによると、ホープ・ノット・ヘイトの調査で、5204件に達したメーガン妃へのヘイト・ツイートのうち70%に相当する3600件超がわずか20のアカウントから発信されていたことが分かった。そのほとんどが、一連のヘイト・ツイートを発信するためだけに開設されたアカウントだ。中には、あからさまな人種差別や「国へ帰れ」などの言葉も含まれていた。ハリー王子の子を妊娠しているのなんて嘘であり、それを隠し切るために代理母を雇っているという理論を展開しているツイートもあるという。

    ホープ・ノット・ヘイトの調査員はデイリーメールに対し、「我々のデータ分析によると、アンチ・メーガンの挑発的なツイートがいかに少数のアカウントから発信されていたかが分かる」と語った。また、この傾向は例えばアンチ・イスラムを唱えるオンラインでの嫌がらせにも同じことが言え、一部のアカウントやボットと呼ばれる自動で発言するアカウントが協力してメッセージを広めていると指摘している。

    こうした事態を受けて英国王室は、ソーシャル・メディア・コミュニケーション・ガイドラインを発表した。王室や、チャールズ皇太子夫妻の公邸クラレンス・ハウス、ウィリアム王子夫妻などが暮らすケンジントン宮殿がそれぞれ運営する公式SNSでコミュニケーションする際の指針となるものだ。

    人気ランキング

    • 1

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 2

      亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      脳裏にこびりつく生々しい証言 少女を食い物にした…

    • 5

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 1

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 2

      アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      女の赤ちゃんを捨てた──ある農村での「一人っ子政策…

    • 5

      今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

    • 5

      4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:Black Lives Matter

    2020-7・ 7号(6/30発売)

    今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!