Newsweek

ヘルス

避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

2019年04月22日(月)17時00分
カシュミラ・ガンダー

    これからは毎日避妊できる? AREEYA_ANN/ISTOCKPHOTO

    経口避妊薬を飲む場合、3週間服用後に1週間は休薬──常識とされているこの服用法が、 実は宗教上避妊を認めないバチカンへの配慮だったことが明らかになった。

    人気ランキング

    • 1

      加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 4

      「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 1

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 1

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    2020-6・ 2号(5/26発売)

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!