Newsweek

ロゼワイン

夏に向けて売り上げ急上昇のロゼワイン 予算で選べる最高の13銘柄

2019年07月18日(木)18時15分
ジャニス・ウィリアムズ

    ロゼワインと至福のひとときを(写真はイメージ) gilaxia-iStock

    [2019年7月16日号掲載]

    <いつでもどこでも、ロゼワインがあれば至福のひとときが過ごせること請け合い。まさに「朝から晩までロゼ三昧」だ>

    辛口のスパークリングワイン、ロゼ・ブリュット・シャンパーニュは繊細な泡立ちが夏の朝日のようにグラスを満たす。ネロ・ダーボラという品種のブドウ を使ったロゼなら、口に含んだ途端に、夏の午後にプールに飛び込んだよ うな清涼感が体中に広がる。わざわざ旅に出掛けることなく南国の夜風に吹かれる気分を味わいたければ、シラーズ、テンプラニーリョ、グルナッシ ュ、サンジョベーゼの4品種をブレンドしたものがおすすめだ。

    アメリカでは夏が近づくにつれてロゼワインの人気が急上昇する。市場調査会社ニールセン・メディア・リサーチによればロゼの売り上げはあらゆる価格帯で2桁の伸びを示しているが、売り上げの半分近くがロゼの消費量が急増する夏に集中している。

    朝でも昼でも夜でも、夏に乾杯するのにふさわしい最高のロゼワインを、好みと予算に応じて選ぼう。

    【参考記事】知られざるワインの新名所は? まだ世界が知らない穴場へ
    【参考記事】ワイングラスのサイズ、3世紀で7倍になっていた!

    シュラムスバーグ 2016 ブリュット・ロゼ

    洗練されたワインが フルーティーな泡が 飲みたい? それならシュラムスバーグの辛口のスパークリングをお試しあれ。風味豊かで力強い1本だ。これだけでも十分においしいが、ブランチのメニューやバルの小皿料理と合わせても。約47ドル。

    シャンドン・ロゼ・アメリカンサマー 限定ボトル 2019

    フルーティな泡がボトルの中で輝くピノ・ノワール(黒ブドウ)の限定スパークリングワイン。熟したイチゴと新鮮なチェリーレッドのフレーバーは、クリーミーかつクリアで爽やかな口当たり。約20ドル。

    ウィスパリング・エンジェル・ロゼ 2018

    生みの親は「ロゼのゴッドファーザー」ことサシャ・リシーヌ。熟したベリーの個性が際立つ。丸みのあるスムーズな口当たり で飲みやすく、プールサイドで楽しむのにぴったり。食事と一緒でもおいしい。約21ドル。

    メッツァ・ディ・メッツァコロナ・ロゼ 2018

    イタリアン・アルプスの麓で生産されたスパークリング・ロゼ。淡いバラ色と、マウンテン・ローズと桃の香りが特徴。繊細でフレッシュなフルーツ・フレーバーとムースのような仕上がりが楽しめる。約13ドル。

    人気ランキング

    • 1

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 2

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 3

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 4

      フェイスブックがついに「出会い系」サービス開始 …

    • 5

      ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

    • 1

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 2

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      世界的ベストセラー作家が体当たりで調べた「40代女…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 3

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 4

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    2019-9・24号(9/18発売)

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!