Newsweek

スイス

「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

2019年09月20日(金)16時40分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

    展覧会は、チューリヒ大学ハンス・ビャーネ・トムセンス教授の「日本のハイジ」を本場スイスできちんと紹介したいという思いから開催に至った。 Photo:Satomi Iwasawa

    <「日本のハイジ」は、観光大使さながらの活躍。会期中には、日本、スイス、ドイツ、韓国の大学教員(研究者)たちを招き、ハイジについて語り合うシンポジウムも行われた。>

    人気ランキング

    • 1

      平然と他人に責任を転嫁しがちな「誇大型ナルシスト…

    • 2

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 5

      カオスな閉店セールと共に去ったフォーエバー21 フ…

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    • 2

      スカート内盗撮おとがめ無しのドイツ やっと違法化…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      平然と他人に責任を転嫁しがちな「誇大型ナルシスト…

    • 5

      アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    • 2

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 3

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:プラスチック・クライシス

    2019-11・26号(11/19発売)

    便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!