Newsweek

映画

イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者に偽りのイメージを与える映画の罪

2020年01月14日(火)16時10分
ジョー・サルツマン(南カリフォルニア大学教授〔メディア論〕)

    女性記者役のワイルド(右)と話すイーストウッド監督

    <スクープのためなら女性は情報源とも寝る──そんな偏見を強めた『リチャード・ジュエル』とその共犯者たち>

    人気ランキング

    • 1

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 2

      「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

    • 3

      「プチ断食」に期待される減量だけでない効用

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

    • 1

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 2

      遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 4

      イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

    • 5

      子育てが難しいと感じる親──原因の一つは「甘え」と…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    2020-1・28号(1/21発売)

    40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!