Newsweek

動物

国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

2020年01月27日(月)20時50分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

    Celia Arnelas-iStock

    <柴犬人気はドイツ、フランス、イギリス、アメリカなどでも根付いている。人気は安定し、ペット産業が栄え、獣医の仕事も充実してきたが......>

    イギリスの有名なドッグショーで、柴犬絶賛

    柴犬の人気が、ヨーロッパでも定着している。柴犬は日本語と同じで「Shiba Inu」と呼ばれ、先日、犬を飼っているドイツ人と話していたら、「いまは雑種だけれど、今度は絶対に日本の犬、Shiba Inuを飼いたい」と言っていた。

    柴犬は、2013年にインターネット上で画像が大ブレイクし、柴犬がモチーフの暗号通貨も作られているが、品格があって賢く忠実で、何より愛らしくて、ペットとしてはそれ以前から注目されていた。

    世界最初のケネルクラブ(血統書の発行、犬の飼育指導、ドッグショー開催などが業務の愛犬団体)であるイギリスのザ・ケネルクラブによると、イギリスの柴犬の出生登録数は1980年代後半から急増している。1985年のわずか5匹が、10年後の1995年には190匹に膨れ上がった。その後はゆるやかに増加し、2014年は219匹だった。

    ザ・ケネルクラブでは、柴犬が大きな注目を浴びたことがある。同クラブが主催する100年以上の歴史を誇る世界最大級のドッグショー「クラフツ」でのことだ。イギリスのテレビ公開オーディション番組にちなんでタレント性の高い犬を称えようと、2012年に同ドックショーで「クラフツ・ファクター」コンテストを設けた。ビデオ選考後、本選がショー開催中に行われ、4匹の中で柴犬エリー(メス)が勝ち抜いた。

    エリーが器用に歩いたり、太鼓をたたくパフォーマンスに会場からは歓声や拍手がわき、審査員の1人(キャスター兼犬のトレーニングや栄養指導家兼コラムニスト)は「とにかく、すごいです、この訓練はものすごく難しいですよ。こんなことができるなんて信じられないです」と興奮しながら絶賛した。

    200127-shiba-nnw-001.jpg

    会場を沸かせるエリー Delphine Marzet-Lécuyer-YouTubeより

    人気ランキング

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 2

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 2

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 3

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

    • 1

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 2

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 3

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:検証 日本モデル

    2020-6・ 9号(6/ 2発売)

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    絶賛発売中!