Newsweek

ヘルス

免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいがちょうどいい? スイスではDオイルが普及 

2021年02月24日(水)19時26分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

    小瓶に入った液状ビタミンD(D3)の例。1滴のD含有量(濃度)は様々で左より100IU、400IU、500IU(IUは生体に対する効力で表す単位)。必要に応じて1回数滴服用する。手前は1か月分の目安量を1回で取るもので、全容量5mlをコップの水に混ぜて飲む(撮影筆者)

    <感染症対策にも効果があるとして注目されるビタミンDとは......>

    人気ランキング

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      警官として助けた女の子を家族として愛するまで

    • 3

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 4

      誰が歌姫ブリトニーを追い詰めたのか

    • 5

      残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      外食が減った今こそ読みたい「家庭料理人」の料理本…

    • 3

      一日10食、20キロ増......「美しく」なりたいアフリ…

    • 4

      選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

    • 5

      障がいを持ち、産みの親に捨てられた少女を偉大なア…

    • 1

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 2

      誰が歌姫ブリトニーを追い詰めたのか

    • 3

      アメリカの大学生が選ぶ、年収に直結する学部とは?

    • 4

      警官として助けた女の子を家族として愛するまで

    • 5

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    MAGAZINE

    LATEST ISSUE

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    2021年4月20日号(4/13発売)

    コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

    MOOK

    ニューズウィーク日本版

    3月31日発売