Newsweek

オフィス

23年目の大進化 オフィスチェアの傑作「アーロンチェア」

2017年2月8日(水)21時03分
高橋一史 ※Pen Onlineより転載

    色バリエーションは右から、「グラファイト」、「ミネラル」、「カーボン」。

    いまでこそ、仕事環境もプライベート空間のように快適に整える考え方がポピュラーになりましたが、「アーロンチェア(Aeron Chair)」が誕生した1994年当時は事情が違っていました。長時間のデスクワークで椅子に座り続ける人たちは、無理な姿勢を強いられて腰や背中が痛くなる職業病が悩みの種でした。

    (参考記事:快適な"使い心地"にこだわって、変化し、進化し続ける「STANDARD」

    その問題が一脚の椅子の登場により劇的に改善されたのです! 社会にこれほど貢献した椅子は、ほかに例があるでしょうか。大人気を博した理由は、美しい佇まいにもあります。ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久所蔵品にも選ばれたメカニカルなフォルムで、クリエイティブな職業人を中心に瞬く間に評判が広まりました。正規購入で「12年」という長期保証がつくことも、オフィスチェアとしての信頼性に結びついています。

    (参考記事:アマゾンに、 男心をくすぐるスマートウォッチが勢揃い。

    この2017年1月に、誕生から実に20年以上を経てアーロンチェアが全面的にブラッシュアップされ、新登場しました。「そろそろ買い替え時期かな」と考えていた人には絶好の後押しになるでしょう。外見からは変化を感じにくいほど、最良を目指して絶妙に調整されたニューモデルです。おもな改良点は、「自然な動き」「ポスチャーフィットSL」「8Zペリクル」「カスタマイズフィット」の4点。

    「自然な動き」とは、直立姿勢からリクライニングまでがシームレスにつながったことを指します。さらに、直立姿勢でも1.8度前傾に調整され、より自然な座り心地に。「ポスチャーフィットSL」とは、背中をS字型にキープする腰部分のサポートパーツのこと。2002年から組み込まれた調整可能なこの機構が、新しい次元へと進化しました。

    newsweek_20170208_212359.jpg

    新「アーロンチェア」グラファイトカラー。

    newsweek_20170208_212538.jpg

    機能美を体現する横姿。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

    ※次号は8/18(火)発売となります。

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

    • 2

      「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

    • 3

      バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

    • 4

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

    • 5

      「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

    • 6

      李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

    • 7

      日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

    • 8

      新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

    • 9

      相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

    • 10

      ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

    • 1

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

    • 4

      トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

    • 5

      マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

    • 6

      李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

    • 7

      バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

    • 8

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 9

      「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

    • 10

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

    • 4

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 5

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 6

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 7

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 8

      戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

    • 9

      中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

    • 10

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る