Newsweek

オフィス

23年目の大進化 オフィスチェアの傑作「アーロンチェア」

2017年2月8日(水)21時03分
高橋一史 ※Pen Onlineより転載


    newsweek_20170208_212959.jpg

    どんなオフィス空間にも馴染むデザイン。

    「8Zリスペル」は、座面と背もたれのメッシュシート。世界で初めてシートにメッシュを採用し、通気性と柔軟性とを両立させたアーロンチェアが、さらなる改良を加えました。一枚が8ゾーンに分けられ、編みの張力を変化させ、骨や筋肉の部位に応じたサポートを実現。これらを含む全機能を、誰でも最大限に自分の体に合わせることができるのが、「カスタマイズフィット」。リクライニングの硬さの調整は、従来品ではダイヤルをたくさん回す必要がありましたが、ニューモデルでは直感的な操作で済みます。90年代には実現できなかったことが、現代の技術で可能になったのです。

    (参考記事:テレビの壁掛けスタイルという、新たな空間設計。

    「座面の上下」「リクライニングの角度」「前傾チルト」「アームの高さや角度」「キネマットチルト(背もたれと座面が同時に動くリクライニング)」といった従来品の特徴は、すべて継承されています。サイズも「A、B、C」(=小、中、大)があり、色は人気の「グラファイト」に、明るい「ミネラル」と「カーボン」を加えた3色展開に。些細なようで実は大きく進化したニューモデルは、これからのデスクワークのサポートグッズとしてマストアイテムになりそうです。

    newsweek_20170208_213133.jpg

    改良されたメッシュシート。

    腰をサポートする「ポスチャーフィットSL」




    アーロンチェア

    色:ミネラル、カーボン、グラファイト
    サイズ:A、B、C
    価格:¥186,840〜
    発売時期:2017年1月25日(水)

    問い合わせ先/ハーマンミラージャパン
    TEL:03-3201-1830
    hermanmiller.co.jp


    ※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。

    Penonline_logo200.jpg





    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑

    • 4

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 5

      「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

    • 6

      関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

    • 7

      EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

    • 8

      トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

    • 9

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

    • 10

      ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

    • 4

      韓国の世代間格差と若者の怒り

    • 5

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 6

      EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

    • 7

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 8

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 9

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 10

      親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 6

      中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

    • 7

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 8

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 9

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と