Newsweek

北朝鮮

対北経済制裁をいかに効かせるか、過去の中国の「失敗」に学ぶ

2017年5月17日(水)16時43分
李英和(関西大学教授)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載

    KCNA/Handout via REUTERS

    この4月に大きなヤマ場を迎えた北朝鮮と米国の軍事衝突の危機はひとまず通り過ぎた。核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射強行の可能性を横目でにらみながら、今後はしばらくの間、「外交の季節」となる模様だ。もちろん、単純な「対話」ではなく複雑で難解な経済制裁をめぐる「やりとり」の局面が、今後半年から一年間にわたり続くことになる。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:米朝会談の勝者

    本誌 最新号

    特集:米朝会談の勝者

    トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

    2018年6月26日号  6/19発売

    人気ランキング

    • 1

      アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

    • 2

      ゲノム編集で生まれた「スーパーピッグ」の肉、数年内にイギリスで市販か

    • 3

      噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

    • 4

      不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

    • 5

      ジム不要の「囚人筋トレ」なら、ケガなく身体を鍛え…

    • 6

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 7

      米朝首脳会談の裏で、日本が打ち上げた事実上の「偵…

    • 8

      「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

    • 9

      頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

    • 10

      パレスチナ映画『ガザの美容室』にイスラエルが出て…

    • 1

      噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

    • 2

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 3

      「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

    • 4

      大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

    • 5

      頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

    • 6

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 7

      「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

    • 8

      サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

    • 9

      アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

    • 10

      世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

    • 1

      頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

    • 2

      会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

    • 3

      トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

    • 4

      中国激怒──米朝首脳会談中止

    • 5

      噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

    • 6

      「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

    • 7

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 8

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 9

      サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

    • 10

      京都は40年前に路面電車を廃止した、大きな過ちだった

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい