Newsweek

北朝鮮

北朝鮮に国連経済制裁は効いているのか? なお続く核・ミサイル開発

2017年9月29日(金)14時00分
三村光弘(環日本海経済研究所主任研究員)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載

    ピョンヤンの繊維工場で働く女性 Damir Sagolj-REUTERS

    2017年8月5日に採択された国連安保理決議第2371号では、北朝鮮に対する追加的経済制裁措置として、加盟国が北朝鮮から石炭や鉄および鉄鉱石、鉛および鉛鉱石、海産物(魚、甲殻類、軟体動物およびその他のすべての形態の水生無脊椎動物を含む)を輸入することを禁止するとともに、追加的な北朝鮮労働者の雇用、北朝鮮との新規の合弁企業もしくは共同事業体(JV)の開設または既存の合弁企業の拡大を禁止した。さらに、9月3日の核実験を受けて11日に採択された国連安保理決議第2375号では、加盟国の石油製品の対北朝鮮輸出を年間200万バレル(約27万トン)に制限、原油の年間の対北朝鮮輸出を過去12カ月の実績(約30.4万トン)を上限に設定するとともに、北朝鮮からの衣類と繊維製品も全面禁輸となった。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:5Gの世界

    本誌 最新号

    特集:5Gの世界

    超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

    2019年3月26日号  3/19発売

    人気ランキング

    • 1

      「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自主返納広がる

    • 2

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 3

      またもプラゴミがクジラの命奪う 胃に40Kgのゴミ飲み込み餓死

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

    • 6

      四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

    • 7

      亡命生活60年となったダライ・ラマ 気がかりな継承者…

    • 8

      中国が南シナ海で新たに「人工島の街」建設を計画

    • 9

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

    • 10

      韓国と日本、政治と観光は別──両国を行き来する人々…

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

    • 3

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 4

      韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

    • 5

      500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

    • 6

      性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

    • 7

      許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

    • 8

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 9

      北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

    • 10

      日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    • 3

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 4

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 5

      自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

    • 6

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 7

      【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

    • 8

      【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

    • 9

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 10

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい