Newsweek

ドイツ

独メルケル首相の与党と第2党、24時間及ぶ協議で連立継続に向け合意

2018年1月12日(金)20時39分

    1月12日、ドイツのキリスト教民主・社会同盟と第2党の社会民主党は、徹夜での協議の末、正式な連立政権交渉入りに向けた政策文書で合意した。記者会見するメルケル首相とシュルツ党首(2018年 ロイター/Hannibal Hanschke)

    ドイツのメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と第2党の社会民主党(SPD)は12日、徹夜での協議の末、正式な連立政権交渉入りに向けた政策文書で合意した。複数の党関係筋が明らかにした。

    両党と議会指導者らの合意により、今後数週間中に詳細な政策協定の交渉に入る道が開かれ、数カ月に及ぶ政治的不透明感が払拭される可能性が高まった。

    関係筋によると、両党の指導者6人は24時間にわたった予備折衝最終日の協議後、党のメンバーに対し、連立政権の青写真について説明を始めたという。

    両党が正式な政権協定の協議に入るためには、SPDの指導部は党員の同意を取り付ける必要がある。

    また、協議に関与した関係筋によると、両党は連立政権下で増税をしないこと、新たな債務なしに財政均衡化を目指すことでも合意した。

    両党は東西ドイツ統一後に旧東独地域の復興を支援する目的で導入された「連帯税」についても、段階的な廃止を望んでいるという。

    [ベルリン 12日 ロイター]


    120x28 Reuters.gif

    Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


    ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

    linecampaign.png

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:テロ時代の海外旅行

    本誌 最新号

    特集:テロ時代の海外旅行

    人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

    2018年5月 1日号  4/24発売

    人気ランキング

    • 1

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

    • 2

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 3

      ロシアの核魚雷が起こす「放射性津波」の恐怖

    • 4

      「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

    • 5

      朝鮮戦争「終戦協定」は中国が不可欠──韓国は仲介の…

    • 6

      「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

    • 7

      核実験場に消えた政治犯たち...金正恩「被ばく強制労…

    • 8

      進化する人類──素潜り漁のバジャウ族、「脾臓が大き…

    • 9

      日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

    • 10

      中国軍がグアムを標的に軍事演習、太平洋進出を米警戒

    • 1

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

    • 2

      「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

    • 3

      日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

    • 4

      「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

    • 7

      アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

    • 8

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 9

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 10

      キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わ…

    • 1

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 2

      ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

    • 3

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 4

      金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

    • 5

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

    • 6

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 7

      「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

    • 8

      2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

    • 9

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 10

      整形で「デザイナー・ヴァギナ」を求める女性が急増

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい