Newsweek

ドイツ

独メルケル首相の与党と第2党、24時間及ぶ協議で連立継続に向け合意

2018年1月12日(金)20時39分

    1月12日、ドイツのキリスト教民主・社会同盟と第2党の社会民主党は、徹夜での協議の末、正式な連立政権交渉入りに向けた政策文書で合意した。記者会見するメルケル首相とシュルツ党首(2018年 ロイター/Hannibal Hanschke)

    ドイツのメルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と第2党の社会民主党(SPD)は12日、徹夜での協議の末、正式な連立政権交渉入りに向けた政策文書で合意した。複数の党関係筋が明らかにした。

    両党と議会指導者らの合意により、今後数週間中に詳細な政策協定の交渉に入る道が開かれ、数カ月に及ぶ政治的不透明感が払拭される可能性が高まった。

    関係筋によると、両党の指導者6人は24時間にわたった予備折衝最終日の協議後、党のメンバーに対し、連立政権の青写真について説明を始めたという。

    両党が正式な政権協定の協議に入るためには、SPDの指導部は党員の同意を取り付ける必要がある。

    また、協議に関与した関係筋によると、両党は連立政権下で増税をしないこと、新たな債務なしに財政均衡化を目指すことでも合意した。

    両党は東西ドイツ統一後に旧東独地域の復興を支援する目的で導入された「連帯税」についても、段階的な廃止を望んでいるという。

    [ベルリン 12日 ロイター]


    120x28 Reuters.gif

    Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


    ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

    linecampaign.png

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:遺伝子最前線

    本誌 最新号

    特集:遺伝子最前線

    革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

    2019年1月22日号  1/16発売

    人気ランキング

    • 1

      体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

    • 2

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 3

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

    • 4

      NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

    • 5

      タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

    • 6

      インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

    • 7

      タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

    • 8

      少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

    • 9

      北朝鮮国民にとって最も苦しくて辛い「人糞集め」

    • 10

      宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

    • 1

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

    • 2

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 3

      日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──日本文化の浸透がその背景に?

    • 4

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 5

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 6

      インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

    • 7

      あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

    • 8

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 9

      口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

    • 10

      韓国で日本製品の不買運動計画がたびたび起きても不…

    • 1

      炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

    • 2

      口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

    • 3

      気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

    • 4

      ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」…

    • 5

      あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

    • 6

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 7

      日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

    • 8

      オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

    • 9

      アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

    • 10

      これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい