Newsweek

難民

法務省、難民申請6カ月後の就労許可を廃止 申請者の6割は収容施設へ?

2018年1月12日(金)18時23分

    1月12日、法務省は、難民申請制度について、申請6カ月後から就労を許可する現在の運用を廃止すると発表した。就労目的の難民申請が急増していることを受け、「濫用・誤用的な申請を抑制する」としている。15日から適用する。写真は東京拘置所。2015年12月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

    務省は12日、難民申請制度について、申請6カ月後から就労を許可する現在の運用を廃止すると発表した。就労目的の難民申請が急増していることを受け、「濫用・誤用的な申請を抑制する」としている。15日から適用する。

    上川陽子法相は午前の会見で「(難民の)受け入れを消極的にするという趣旨ではない。保護が必要な難民への適正な対応に傾注したい」と述べた。

    今回の見直しでは、難民申請後2カ月以内に申請者を、1)難民の可能性が高い人、2)明らかに難民に該当しない人、3)再申請を繰り返している人、4)その他──に分類する。1)には速やかに就労を許可する一方、2)や3)については就労不可として、在留期限終了後に新たな在留資格を付与しない。

    日本では2010年3月から、難民申請を行った6カ月後から認定手続きが完了するまでの間、就労が認められるようになった。

    申請数はその後増加を続け、2016年の申請者は1万0901人と初めて1万人を上回った。認定数は28人にとどまった。

    2017年1─9月の申請者は1万4043人に上り、前年同期からさらに1.8倍に増加した。認定数は9人だった。

    法務省では、1─9月の申請者のうち、難民の可能性が高いと判断される人は「1%未満ではないか」としている。また今回の見直しによって、申請者全体の約6割にとって在留や就労に制限がかかり、その結果在留が認められず収容施設に収容される人が増える、と予想している。

    NPO法人難民支援協会は今回の措置を受け、「大多数の難民申請者は、申請中の就労を前提とされている。この権利が制限されると、生きていけない人が大量に生まれることになる」とし、「今回の見直しが、真に保護を求める難民を排除し、生存が危うくなる人たちを増やすことがないよう、慎重な運用と定期的な見直しを求める」とのコメントを発表した。

    (宮崎亜巳、舩越みなみ)

    [東京 12日 ロイター]


    120x28 Reuters.gif

    Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


    ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

    linecampaign.png

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:「儲かるエコ」の新潮流 サーキュラー・エコノミー

    本誌 最新号

    特集:「儲かるエコ」の新潮流 サーキュラー・エコノミー

    単なるリサイクルでなく目指すのはあくまで儲かるビジネス── 地球と経済を救う革新概念「サーキュラー・エコノミー」とは

    2018年10月16日号  10/10発売

    人気ランキング

    • 1

      ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性奴隷」にされた地獄の日々

    • 2

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

    • 3

      スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支払った代償

    • 4

      米中通貨戦争へカウントダウン開始

    • 5

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 6

      ハーバードの「キャリア相談室」で涙を流すエリート…

    • 7

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 8

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 9

      崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

    • 10

      ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインター…

    • 1

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 2

      ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

    • 3

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 4

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 5

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 6

      ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

    • 7

      スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

    • 8

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 9

      世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

    • 10

      米国でミレニアル世代を中心に「魔女」が急増中、そ…

    • 1

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 2

      「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

    • 3

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 4

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 5

      中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

    • 6

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    • 7

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

    • 8

      ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

    • 9

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 10

      ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい