Newsweek

難民

法務省、難民申請6カ月後の就労許可を廃止 申請者の6割は収容施設へ?

2018年1月12日(金)18時23分

    1月12日、法務省は、難民申請制度について、申請6カ月後から就労を許可する現在の運用を廃止すると発表した。就労目的の難民申請が急増していることを受け、「濫用・誤用的な申請を抑制する」としている。15日から適用する。写真は東京拘置所。2015年12月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

    務省は12日、難民申請制度について、申請6カ月後から就労を許可する現在の運用を廃止すると発表した。就労目的の難民申請が急増していることを受け、「濫用・誤用的な申請を抑制する」としている。15日から適用する。

    上川陽子法相は午前の会見で「(難民の)受け入れを消極的にするという趣旨ではない。保護が必要な難民への適正な対応に傾注したい」と述べた。

    今回の見直しでは、難民申請後2カ月以内に申請者を、1)難民の可能性が高い人、2)明らかに難民に該当しない人、3)再申請を繰り返している人、4)その他──に分類する。1)には速やかに就労を許可する一方、2)や3)については就労不可として、在留期限終了後に新たな在留資格を付与しない。

    日本では2010年3月から、難民申請を行った6カ月後から認定手続きが完了するまでの間、就労が認められるようになった。

    申請数はその後増加を続け、2016年の申請者は1万0901人と初めて1万人を上回った。認定数は28人にとどまった。

    2017年1─9月の申請者は1万4043人に上り、前年同期からさらに1.8倍に増加した。認定数は9人だった。

    法務省では、1─9月の申請者のうち、難民の可能性が高いと判断される人は「1%未満ではないか」としている。また今回の見直しによって、申請者全体の約6割にとって在留や就労に制限がかかり、その結果在留が認められず収容施設に収容される人が増える、と予想している。

    NPO法人難民支援協会は今回の措置を受け、「大多数の難民申請者は、申請中の就労を前提とされている。この権利が制限されると、生きていけない人が大量に生まれることになる」とし、「今回の見直しが、真に保護を求める難民を排除し、生存が危うくなる人たちを増やすことがないよう、慎重な運用と定期的な見直しを求める」とのコメントを発表した。

    (宮崎亜巳、舩越みなみ)

    [東京 12日 ロイター]


    120x28 Reuters.gif

    Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


    ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

    linecampaign.png

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:遺伝子最前線

    本誌 最新号

    特集:遺伝子最前線

    革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

    2019年1月22日号  1/16発売

    人気ランキング

    • 1

      北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」というロシアの主張は大間違い

    • 2

      「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対策急ぐドイツ

    • 3

      米政府閉鎖で一カ月近く無給の連邦職員、食料配給に殺到

    • 4

      人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

    • 5

      タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

    • 6

      インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

    • 7

      人工衛星で「夜空に広告」──ロシア新興企業のプラン…

    • 8

      【動画】中国の会社従業員「四つ這い」懲罰に非難殺到

    • 9

      体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

    • 10

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 1

      体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

    • 2

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 3

      タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両手は縛られていた

    • 4

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 5

      北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

    • 6

      人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

    • 7

      インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

    • 8

      宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

    • 9

      タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

    • 10

      NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

    • 1

      炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

    • 2

      口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

    • 3

      あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

    • 4

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 5

      日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

    • 6

      オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

    • 7

      アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

    • 8

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 9

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 10

      インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい