Newsweek

シリア情勢

中途半端だったシリアへのミサイル攻撃

2018年4月16日(月)18時45分
コラム・リンチ、エリアス・グロル、ロビー・グレイマー

    4月13日、ホワイトハウスでシリア問題に関する声明を発表するトランプ米大統領 Yuri Gripas-REUTERS

    <ロシアとの衝突を恐れるあまり、シリアの化学兵器を一部破壊しただけ>

    4月13日に米英仏が共同で行ったシリアに対するミサイル攻撃の狙いは、「もし再び化学兵器を使用すれば欧米の軍事攻撃が待っている」という明確なメッセージを送ることだった。

    翌14日の国連安保理の緊急会合で、攻撃を主導したアメリカのニッキー・ヘイリー国連大使は「シリア政府がこの種の毒ガスを再び使用するようなことがあれば、アメリカは武力で応じる用意がある」と述べた。この会合は、ミサイル攻撃に抗議する目的でロシアが開催を求めたものだった。

    だが米英仏側が目的を狭く設定したことで、今回のミサイル攻撃はもう1つの想定外のメッセージを送ることにもなった。「アメリカは、通常兵器による市民の大量殺りくの罪は問わない」「ロシアやイランがシリア政府軍を支援していても異議は唱えない」と言ったも同然だ。

    ミサイル攻撃の標的を化学兵器の関連施設3カ所に絞った背景には、ジェームズ・マティス米国防長官の慎重な考えがあるようだ。マティスは戦争の拡大を匂わせるドナルド・トランプ大統領の発言によってアメリカがシリア内戦の泥沼にさらに踏み込まなければならなくなる可能性を懸念した。そもそもトランプ自身、シリアからは手を引きたいと望んでいた。

    通常兵器なら虐殺も黙認

    化学兵器関連施設が攻撃されたことで、シリア政府は今後の化学兵器使用をためらうようになるかも知れない。だが軍事作戦が限定的だったことは「化学兵器を使わない限り、アサド政権が自国民を大量殺戮しても不問に付す」という米政府の非情な計算の反映でもある。

    米シンクタンクの大西洋協議会の中東専門家アーロン・スタインに言わせれば、今回の攻撃でシリア政府は間違いなくそうしたメッセージを受け取った。「目標の設定を変えることは不可能ではない。だが(今回のミサイル攻撃の目標は)化学兵器使用の抑止だけだと実に狭く解釈されている」

    ミサイル攻撃の標的となったのは、バルザにある化学・生物兵器の研究開発製造拠点(1970年代から化学兵器計画の中心を担ってきたシリア科学研究センターの関連施設)と、ホムス近郊の化学兵器の貯蔵施設2カ所だ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

    本誌 最新号

    特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

    「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

    2018年7月24日号  7/18発売

    人気ランキング

    • 1

      インドの性犯罪者が野放しになる訳

    • 2

      実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方がいい深いワケ

    • 3

      異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる

    • 4

      トイレ普及急ぐインド 「辱め」を受ける外で排泄す…

    • 5

      感情をうまくコントロールできない子に育つ ヘリコ…

    • 6

      「ありがとう日本」中国人のワールドカップ反省会

    • 7

      自らを「ユダヤ人国家」と定めたイスラエルは、建国…

    • 8

      「性の喜び」ピークは64歳、90歳でも現役! その理…

    • 9

      出会い系サイト殺人事件、解決に導いたのは被害者の…

    • 10

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 1

      インドの性犯罪者が野放しになる訳

    • 2

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

    • 3

      実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方がいい深いワケ

    • 4

      インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 …

    • 5

      キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

    • 6

      異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

    • 7

      金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

    • 8

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 9

      米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

    • 10

      ブラジルの街中でサソリの大繁殖が始まった?昨年死…

    • 1

      史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

    • 2

      美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

    • 3

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

    • 4

      悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

    • 5

      金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

    • 6

      金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

    • 7

      世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

    • 8

      【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

    • 9

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 10

      インドの性犯罪者が野放しになる訳

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい