Newsweek

国際政治

ドイツがリベラルな国際秩序の「嫌々ながらの」リーダーである理由

2018年8月11日(土)11時45分
板橋拓己(成蹊大学法学部教授)※アステイオン88より転載

    Fabrizio Bensch-REUTERS


    <2016年にイギリスがEU離脱を決め、アメリカがドナルド・トランプを大統領に選出して以来、ドイツが「リベラルな国際秩序の最後の砦」として注目を浴びている。だがこれは「ドイツ政治を学んできた者には驚くべきことだ」と、板橋拓己・成蹊大学法学部教授は言う。
     論壇誌「アステイオン」88号(公益財団法人サントリー文化財団・アステイオン編集委員会編、CCCメディアハウス、5月28日発行)は、「リベラルな国際秩序の終わり?」特集。リベラルな国際秩序の終わりが語られている最大の理由は「トランプ米大統領がリベラルな国際秩序の中核となる重要な規範を軽視して、侮辱しているから」だが、「トランプ大統領がホワイトハウスから去った後も、リベラルな国際秩序の衰退は続くであろう」と、特集の巻頭言に細谷雄一・慶應義塾大学法学部教授は書く。
     そんな中、ドイツはどんな苦悩を抱えているのか。そして、戦後ドイツ外交の大原則であった「西側結合」はどうなるのか。板橋教授による同特集の論考「『西側結合』の揺らぎ――現代ドイツ外交の苦悩」から、一部を抜粋・転載する>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:Black Lives Matter

    本誌 最新号

    特集:Black Lives Matter

    今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

    2020年7月 7日号  6/30発売

    人気ランキング

    • 1

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

    • 2

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 3

      韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は韓国版Netflix育成を宣言

    • 4

      新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

    • 5

      オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

    • 6

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    • 7

      「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

    • 8

      東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

    • 9

      東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染131人 3日連続3…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

    • 4

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 5

      英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

    • 6

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 7

      東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

    • 8

      韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

    • 9

      北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

    • 10

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

    • 4

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 5

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    • 6

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 7

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 8

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 9

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    • 10

      「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場