Newsweek

宇宙探査

ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

2018年10月11日(木)17時15分
松岡由希子

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱 NASA/JPL-Caltech

    <無人宇宙探査機「ボイジャー2号」が、いよいよ太陽系を脱し、星間空間と呼ばれる恒星と恒星の間に広がる宇宙空間へと近づきつつある>

    ボイジャー2号、いよいよ恒星と恒星の間「インターステラー」へ

    NASA(アメリカ航空宇宙局)のボイジャー計画は、太陽系の外惑星と太陽系外の探査計画。1977年に打ち上げられた2機の無人惑星探査機は、これまで1号・2号ともに、外惑星の鮮明な画像の撮影に成功し、新衛星の発見に貢献してきた。

    無人宇宙探査機「ボイジャー2号」は、1977年8月に打ち上げられて以来、木星、土星、天王星、海王星での探査を経て、2007年以降、太陽系を取り囲む「太陽圏」を航行してきたが、いよいよ太陽系を脱し、星間空間と呼ばれる恒星と恒星の間に広がる宇宙空間へと近づきつつあることが明らかとなった。

    NASAによると、太陽から118.3AU(約177億キロメートル)の距離に位置するボイジャー2号は、現在、太陽圏の外側の領域「ヘリオシース」にあり、太陽圏とその外側の宇宙空間との境目にあたる「ヘリオポーズ」に到達する見込みだという。

    ボイジャー2号が太陽圏を離れるとすれば、2012年以降、太陽圏外を飛行しているNASAの無人宇宙探査機「ボイジャー1号」(1977年9月打ち上げ)に続き、2例目となる。

    ボイジャー1号と2号の軌跡

    ボイジャー1号、2号からの映像

    宇宙線の増加

    その可能性を示す現象として研究チームが注目しているのが、宇宙線の増加だ。宇宙線とは、太陽系の外で発生した動きの速い粒子で、その一部は太陽圏に遮られている。ボイジャー2号の宇宙線サブシステム(CRS)装置では、8月下旬以降、宇宙線の測定値が、8月初旬までのものに比べて約5%高くなった。

    ボイジャー1号でも、ボイジャー2号と同様、2012年5月に宇宙線が増加し、その3ヶ月後には「ヘリオポーズ」を横断して星間空間に入った。このようなボイジャー1号での経緯をふまえ、研究チームでは、ボイジャー2号も太陽圏との境目への接近に伴って宇宙線が増加しているのではないかとみている。

    しかしながら、ボイジャー2号の位置は「ヘリオシース」内のかつてのボイジャー1号の位置とは異なるため、ボイジャー2号での宇宙線の増加が「ヘリオポーズ」横断間近であることを示す現象だとは断定できない。

    NASAの無人探査機の研究開発などに従事するジェット推進研究所(JPL)の元ディレクターのエドワード・ストーン博士は「我々はボイジャー2号周辺の環境変化についても見ており、ボイジャー2号が『ヘリオポーズ』に達することには確信を持っている」としながらも、「ボイジャー2号がいつ『ヘリオポーズ』に到達するかはわからない」と述べている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ケント・ギルバート現象

    本誌 最新号

    特集:ケント・ギルバート現象

    人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

    2018年10月30日号  10/23発売

    人気ランキング

    • 1

      ここまで分かった「学習」の科学 繰り返し読む、蛍光ペンでマーク...意味ある?

    • 2

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      9割の食塩にプラスチック片、成人1人当たり年間2000…

    • 5

      背景には「中国製造2025」──習近平による人民の対日…

    • 6

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

    • 7

      心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

    • 8

      「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

    • 9

      ドイツで潰えたグリーン電力の夢

    • 10

      世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河…

    • 1

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

    • 2

      ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

    • 3

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

    • 4

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 5

      心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

    • 6

      ドイツで潰えたグリーン電力の夢

    • 7

      ここまで分かった「学習」の科学 繰り返し読む、蛍…

    • 8

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

    • 1

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 2

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

    • 3

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 4

      ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

    • 5

      「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

    • 6

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 7

      発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

    • 8

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 9

      韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

    • 10

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい