Newsweek

スポーツ文化

フランス人はなぜゴルフが好きになれないか

2018年10月2日(火)14時00分
広岡裕児(在仏ジャーナリスト)

    ライダーカップで2大会ぶりにアメリカを下し、大喜びの欧州チーム。だがそこにフランス人選手はいない(9月30日) Carl Recine-REUTERS

    <有名な欧米対抗のライダー・カップを由緒あるパリ郊外のゴルフ場で主催しながら、フランス人はまるで部外者のよう。この矛盾の理由は?>

    9月28日から30日、ライダーカップがフランスで開かれた。2年に一度のアメリカ対ヨーロッパのゴルフ対抗戦で、仏ルモンド紙の言葉を借りれば「サッカーのワールドカップとオリンピックに次いで世界中にフォローされる第3のスポーツイベント」だ。とくに今年は、タイガー・ウッズが復活してアメリカ・チームに参加して注目された。

    会場は、ベルサイユ宮殿の先、パリから車で1時間ほどのサンカンタン・アン・イブリーヌの「ル・ゴルフ・ナショナル」。通常「国立ゴルフ場」と訳されているが、正確には、フランスゴルフ連盟のゴルフ場である。ただし、「国立」といってもあながち誇張ではなく、1990年10月のオープン時には当時のスポーツ大臣が列席した。いわば、サッカーにおけるスタッド・ド・フランスに匹敵する国を代表する競技場である。2024年のオリンピックの会場になる。

    開会式のあった27日、ルモンド紙電子版は、「なぜフランス人はゴルフが好きではないのか」という記事を配信した。

    全仏のようなイベントがない

    「1907年、アインシュタインが相対性理論を発表し、世界最初のヘリコプターが艱難辛苦の末に地面を離れて空中に浮いた年、ブリティッシュ・オープンで初めてフランス人、アルノー・マッシーが優勝した。でも誰もその名を知らない」──と、古い映像を使ってコミカルに始まるビデオで、フランスでゴルフの人気がない理由として次のことをあげている。

    ・フランス選手がまったく結果を出していない。4大メジャー大会では、先のアルノー・マッシーが優勝したほかは、2位が3人出ただけである。

    ・ゴルフ場が近くになく、遠くまで行かなければならない。ロンドンやエジンバラなどは町の中にあるのに。

    ・テニスにおけるロランギャロス(全仏オープン)のような衆目を集めるイベントがない。

    ・「金持ちのスポーツ」というイメージがある。道具、クラブ加入などお金がかかる。競技に時間がかかる。社会的成功のシンボルでもあるが、フランスではそれを誇示するのは嫌われる。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

    ※次号は8/18(火)発売となります。

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

    • 2

      「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

    • 3

      バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

    • 4

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

    • 5

      「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

    • 6

      李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

    • 7

      日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

    • 8

      新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

    • 9

      相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

    • 10

      ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

    • 1

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

    • 4

      トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

    • 5

      マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

    • 6

      李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

    • 7

      バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

    • 8

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 9

      「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

    • 10

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

    • 4

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 5

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 6

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 7

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 8

      戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

    • 9

      中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

    • 10

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る