Newsweek

スポーツ文化

フランス人はなぜゴルフが好きになれないか

2018年10月2日(火)14時00分
広岡裕児(在仏ジャーナリスト)

    じつは、フランスでもゴルフは決してマイナーではない。2016年の統計では、連盟への選手登録数は40万人、ラグビーや水泳、自転車よりも多い7番目のスポーツだ。コースもフランス本土だけで620ほどある。パリのディスニーランドにもゴルフ場が併設されているし、ロンシャンやサンクルーの競馬場では、内馬場が打ちっぱなしの練習場になっている。

    しかし、それでもゴルフの試合がテレビで中継されることはなく、一般向けの新聞では「クラブとは、白い小さな球を叩くもので、木、鉄とパターがある」という説明が必要で、「フェアウエー」「ティー」「クラブ」「バンカー」などの用語にも解説をつけなければならない。

    いったいこの矛盾はどこから来るのだろうか。

    やはり最後の「金持ちのスポーツ」というところがカギではないか。かつては、執務室にさりげなく馬術の道具をおくのがステイタス・シンボルだったが、いまはそれがゴルフクラブに取って代わられている(実際にやっているのかどうかは別だが)。

    庶民にとっては、関係ない世界の出来事なのだ。それでも馬術には、伝統文化の香りがするし、オリンピックでも長々と中継される。だが、ゴルフはまだ英米文化の輸入の域を脱していないようだ。

    今年のライダーカップは、ヨーロッパが2大会ぶりに勝利を奪還したが、歓喜に湧く12人の選手の中にフランス選手はいなかった。主催国のゴルファーが参加しなかったのは歴史上はじめてである。

    hirooka-prof-1.jpg[執筆者]
    広岡裕児
    1954年、川崎市生まれ。大阪外国語大学フランス語科卒。パリ第三大学(ソルボンヌ・ヌーベル)留学後、フランス在住。フリージャーナリストおよびシンクタンクの一員として、パリ郊外の自治体プロジェクトをはじめ、さまざまな業務・研究報告・通訳・翻訳に携わる。代表作に『EU騒乱―テロと右傾化の次に来るもの』(新潮選書)、『エコノミストには絶対分からないEU危機』(文藝春秋社)、『皇族』(中央公論新社)他。

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
    ウイークデーの朝にお届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑

    • 4

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 5

      「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

    • 6

      関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

    • 7

      EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

    • 8

      トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

    • 9

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

    • 10

      ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

    • 4

      韓国の世代間格差と若者の怒り

    • 5

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 6

      EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

    • 7

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 8

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 9

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 10

      親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 6

      中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

    • 7

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 8

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 9

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と