Newsweek

温暖化

北極圏、温暖化で植物が高く伸び、それがさらに温暖化を招く:判明した仕組みとは

2018年10月2日(火)17時50分
高森郁哉

    北極圏の気温は上がり、背の高い植物が拡散している Anne D. Bjorkman

    <北極圏の凍土帯(ツンドラ)は、温暖化で植物の背が伸び、そしてそれが、さらに温暖化を招いていることが判明した>

    凍土帯120カ所で、30年に及ぶ調査の結果

    地球温暖化によって北極圏の植物が高く伸びるようになり、それが温暖化を一層促進する――。そんな「温暖化のスパイラル」が、北極圏で進行しているようだ。

    ドイツのゼンケンベルク生物多様性・気候研究センターが主導した調査で、研究論文が学術誌「ネイチャー」に掲載された。

    北極圏の気温は上がり、背の高い植物が拡散している

    北極圏の凍土帯(ツンドラ)は、世界の土壌炭素の3分の1から半分を含むことから、長年にわたり気候変動の調査が重点的に実施されてきた。今回の研究では、米アラスカ州、カナダ、アイスランド、北欧諸国、ロシアのシベリア地域の北極圏に位置する凍土帯120カ所で、30年に及ぶデータを分析した。

    その結果、北極圏の気温はこの30年で、夏に摂氏約1度、冬に1.5度上昇していた。気温の上昇により、個々の植物の高さが伸びただけでなく、背の高い植物種が比較的暖かい地域から寒い地域へ拡散してきたことも確認された。背の高い植物が現在のペースで拡大を続ける場合、21世紀末までに植物群落の高さは最大60%増加する可能性がある、と研究者チームは予測している。

    背の高い植物が雪を蓄え、雪が断熱材となって、凍土を溶かす

    凍土帯で背の高い植物が増えると、冬により多くの雪が地表に保持される。この雪が断熱材となり、冬に土壌が急速に固く凍りつくのを緩和するはたらきをする。その結果、凍土が溶けて温室効果ガスの炭素を放出するプロセスが速まっている可能性がある、と研究者らは結論づけている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

    ※次号は8/18(火)発売となります。

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の長鋪汽船に

    • 2

      マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

    • 3

      「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

    • 4

      「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

    • 5

      相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

    • 6

      ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

    • 7

      NTT-NEC提携「5Gでファーウェイに対抗」の嘘

    • 8

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

    • 9

      日本が国安法の対象になりつつある香港民主派逮捕と…

    • 10

      北朝鮮、寧辺の核関連施設が洪水で被害か=38ノース

    • 1

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 2

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

    • 3

      トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

    • 4

      マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

    • 5

      「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

    • 6

      モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の…

    • 7

      李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

    • 8

      バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

    • 9

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 10

      「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

    • 1

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 2

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 3

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

    • 4

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 5

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 6

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 7

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 8

      戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

    • 9

      中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

    • 10

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る