Newsweek

サイエンス

プレー中の「うなり声」には効果あり

2018年10月6日(土)15時40分
メリッサ・マシューズ

    試合中の奇声で批判されることも多いテニスのセリーナ・ウィリアムズ USA TODAY Sports-REUTERS

    <ジムでのトレーニング中や試合中の奇声は周りには迷惑だが、パワーを増やし相手の集中力もそぐことが実験で判明>

    トレーニング中にそんな声を出す必要がある?――スポーツジムで隣の人にそう言いたくなった経験がある人は多いだろう。ところが最近の研究によると、うなり声は本人の役に立っている可能性がありそうだ。

    プロテニス選手は特に、プレー中に大きな声を出す人が多い。マリア・シャラポワ、モニカ・セレシュ、セリーナ・ウィリアムズといった選手たちは、ボールを打つときに奇声を発して相手の集中力をそいでいると、たびたび批判されてきた。

    09年、元トップ選手のマルチナ・ナブラチロワは、試合中に奇声を発することを「ズル以外の何物でもない」と切って捨てた。ボールがラケットに当たる音をかき消し、相手の選手が球速などを判断する材料を奪うというのだ。

    他人のうなり声に不満を抱くのは、プロ選手だけではない。アメリカの大手スポーツジムチェーン、プラネット・フィットネスは、利用者が大きな声を出すことを禁止している。度重なる警告に従わなければ、退会させる場合もあるという。

    奇声を発することには本人がパワーを出したり、相手の集中力を奪ったりといった効果があるのか。ハワイ大学マノア校とブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)の研究者たちはそれを確かめる実験を行い、今年2月にオンライン科学雑誌 PLOS ONE に結果を発表した。

    血圧が上昇するリスクも

    1つの実験では、総合格闘技を習う20人にサンドバッグを思い切り蹴らせ、キックの強さを測定。蹴るときにうなり声を出した場合と、出さなかった場合を比較したところ、蹴る強さは声を出したときのほうが9%強かった。これは、過去の研究結果とも合致する。

    シラキュース大学のケビン・ヘファーナン准教授(エクササイズ理論)によると、人は意識してうなり声を発するというより、思わず出てしまうらしい。「激しいエクササイズをするとき、人はどうしても息を止める」と、ヘファーナンは言う。「そうすると、(息を吐くときに)少し声が出る」

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:プラスチック・クライシス

    本誌 最新号

    特集:プラスチック・クライシス

    便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

    2019年11月26日号  11/19発売

    人気ランキング

    • 1

      香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

    • 2

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

    • 3

      米中貿易協議は既に破綻しかけている

    • 4

      余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

    • 5

      香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

    • 6

      北京、動くか 香港デモ

    • 7

      香港の若者が一歩も退かない本当の理由

    • 8

      日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

    • 9

      深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

    • 10

      「陰」のナショナリズムが流行る時──250年の歴史の中で

    • 1

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 2

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

    • 3

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 4

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 5

      日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

    • 6

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

    • 7

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 8

      「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

    • 9

      香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

    • 10

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 1

      マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

    • 2

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 3

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

    • 4

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 5

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 6

      「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

    • 7

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

    • 8

      中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

    • 9

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 10

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年