Newsweek

韓国事情

韓国「国軍の日」、軍事パレードの代わりに歌手PSY登場 急速な緊張緩和に不安の声

2018年10月4日(木)17時45分
佐々木和義

    建軍70周年の「国軍の日」記念行事に、K-Popの人気歌手PSYが登場 Ahn Young-joon-REUTERS

    <「平壌共同宣言」に沿って、急速に進む軍事的緊張緩和と経済協力。過去の事件も記憶に新しい中、不安の声もあがっている>

    韓国の青瓦台(大統領府)は、2018年9月28日に「南北共同宣言履行推進委員会」の初会合を開催した。会合では韓国と北朝鮮の鉄道を連結する現地調査を10月中に着手する方針を定め、2032年の夏季五輪を南北共同で招致することや2020年の東京五輪に南北合同で参加する協議を北朝鮮と行う方針などが示された。

    平壌共同宣言」で、両国を結ぶ鉄道や道路の着工式を年内に実施する合意がなされたが、そのためには10月中に調査をはじめる必要があり、金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は国連軍司令部と協議すると述べている。8月に京義線を連結する調査を推進したが、このときは国連軍司令部の反対で実現しなかった経緯がある。

    韓国海軍哨戒艦「天安」爆破事件への謝罪もないまま軍事的緊張緩和

    共同宣言の主な柱は、軍事的な緊張の緩和や経済協力、南北離散家族の交流などだが、この軍事的な緊張緩和と経済協力について批判の声が上がっている。

    たとえば東西海岸線の軍事的緊張を和らげ、緩衝地帯の平和水域や共同漁労水域を作ることが話し合われた西海岸の緩衝地帯には軍事衝突で死者を出した海域が含まれている。

    2010年3月26日、黄海の北方限界線(NLL)付近を航行していた韓国海軍の哨戒艇「天安」は船体後方が爆発し、船体が2つに切断されて沈没した。46名の兵士が亡くなったが、多くが20歳から21歳の若い兵士だった。沈没海域から北朝鮮製とみられる魚雷の破片等が見つかり、5カ国で構成された軍民合同調査団は沈没原因を北朝鮮の魚雷によると発表した。

    IMG_2757.JPG

    引き上げられた後に平澤軍港に展示された哨戒艇「天安」 2012年 撮影:佐々木和義

    同年10月には北方限界線近くの延坪島に北朝鮮軍が砲弾を発射し、砲撃戦となって韓国軍兵士2人と民間人2人が死亡、20人近い負傷者を出し、1300人が避難した。いずれも北朝鮮が仕掛けた事件だが、北朝鮮側は天安沈没事故への関与を否定し、延坪島砲撃事件に関する言及はない。天安沈没事件で子を失くした遺族は、南北会談を前向きに評価しながらも、謝罪がない北朝鮮と謝罪を要求しない文政権に失望感を募らせている。

    自由韓国党の金鎮台(キム・ジンテ)議員は、緩衝地帯に仁川空港がある永宗島が含まれると懸念する。北朝鮮船は漁船と軍艦の区別がなく、北方限界線(NLL)の海兵隊を無力化してしまうと、空港を離陸した飛行機の真下を武装した船が通ることになりかねないのだ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

    • 8

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 9

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 4

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 5

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 6

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 7

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 8

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 9

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 4

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 5

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 8

      日本の重要性を見失った韓国

    • 9

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 10

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】戦火に生まれ、戦火に死ぬクルド兵士