Newsweek

自動車

深まる日産とルノーの溝 かじ取り役不在で3社連合の前途多難

2018年11月23日(金)18時04分

    1月23日、日産自動車、ルノー、三菱自動車3社の会長を兼務してきたカルロス・ゴーン容疑者(写真)が22日の日産の臨時取締役会で、同社の会長職と取締役の代表権を解かれた。ルノーは解任決議の延期を求めていたとされ、早くも日産とルノーの間に溝が生じている。米カリフォルニア州で2016年1月撮影(2018年 ロイター/Noah Berger)

    日産自動車、ルノー、三菱自動車3社の会長を兼務してきたカルロス・ゴーン容疑者が22日の日産の臨時取締役会で、同社の会長職と取締役の代表権を解かれた。ルノーは解任決議の延期を求めていたとされ、早くも日産とルノーの間に溝が生じている。

    かじ取り役を失った3社の連合(アライアンス)のあり方がどのように変化するのか。その前途には不透明な霧が立ち込めている。

    ルノーの解任決議の延期要請を無視

    金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕されたゴーン容疑者の会長と取締役の代表権はく奪が提案された臨時取締役会は、横浜市の日産本社で22日午後4時半から始まった。この日の議論は、午後8時半まで約4時間に及んだ。

    関係者によると、臨時取締役会前にルノーは、日産に解任決議の延期を強く求めていた。しかし、日産は全会一致による解任に持ち込んだ。4時間のうち、「相当な時間を割き、(ゴーン容疑者逮捕に至った)内部調査の結果が丁寧に説明された」(別の関係者)といい、ルノー出身の2人も賛成せざるを得なかったもようだ。

    後任の会長は今回決めず、暫定的な会長も置かなかった。選出の透明性や独立性を保つため、社外取締役3人からなる委員会(委員長:豊田正和氏)が新たに設けられ、現取締役の中から候補を提案することにした。

    投資資金や経費の私的流用も発覚し、会社を私物化していた実態が明らかになったゴーン容疑者。日産幹部の1人は「日産のステークホルダー全員に対する裏切り行為。絶対に許されない。解任は妥当」と話す。ただ、これまでの3社連合は、ゴーン容疑者の「鶴の一声」で意思決定されてきただけに、今後は意見がまとまらず、「時間がかかるのでは」と懸念する。

    三菱自関係者は「ゴーン氏は経営者としては非常に優れているし、日産と三菱自が対立した時も、三菱自の意見を尊重してくれた」と、その存在感の大きさに言及している。

    日産とルノー、深まる溝

    日産の親会社であるルノーは、20日の臨時取締役会で、ティエリー・ボロレ最高執行責任者(COO)を暫定トップとし、ゴーン容疑者の会長兼最高経営責任者(CEO)の解任は見送った。「解任するのに十分な情報や証拠がない」。ルノーの筆頭株主で15%を出資するフランス政府のこうした意向をくみ、疑惑の詳細が判明するまで先送りした。

    フランス政府はもともと、ルノーの日産に対する影響力を強めたい意向があり、近年はゴーン会長の退任後を見据え、連合が解体しないよう不可逆的な関係構築を目指していた。一方、日産は対等な関係や経営の独立性維持を求め続けており、真っ向から異なる。

    ゴーン容疑者の処遇も、ルノーは「見送り」。一方、同社が決議延期を求めたにもかかわらず、日産はこれを受け入れず「解任」。日産とルノー、フランス政府の溝はさらに深まる恐れがある。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:プラスチック・クライシス

    本誌 最新号

    特集:プラスチック・クライシス

    便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

    2019年11月26日号  11/19発売

    人気ランキング

    • 1

      香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

    • 2

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

    • 3

      米中貿易協議は既に破綻しかけている

    • 4

      余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

    • 5

      香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

    • 6

      北京、動くか 香港デモ

    • 7

      香港の若者が一歩も退かない本当の理由

    • 8

      日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

    • 9

      深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

    • 10

      「陰」のナショナリズムが流行る時──250年の歴史の中で

    • 1

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 2

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

    • 3

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 4

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 5

      日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

    • 6

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

    • 7

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 8

      「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

    • 9

      香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

    • 10

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 1

      マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

    • 2

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 3

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

    • 4

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 5

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 6

      「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

    • 7

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

    • 8

      中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

    • 9

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 10

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年