Newsweek

米中関係

米中対立における中国の狡さの一考察

2018年11月24日(土)19時00分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

    11月20日、フィリピンを訪問した中国の習近平国家主席 Erik De Castro-REUTERS

    世界第二の経済大国になり巨額のチャイナ・マネーで他国の歓心を買い、先進欧米企業を買収して技術を丸呑みしながら、自国の貧困層を救わず自国を発展途上国と位置付けてWTOの優遇策を受けている狡さが、まず一つある。

    自国を途上国と主張する中国

    中国の狡さに関しては枚挙にいとまがないが、トランプ大統領が指摘している狡さの一つとして、中国の途上国位置づけがある。WTOに加盟していても、途上国であるならば、貿易自由化の義務などを緩和あるいは免除する「特別かつ異なる待遇(Special and Differential Treatment)」(S&D)という恩恵がある。世界第二の経済大国になっておきながら、中国は一人当たりのGDPが低いとして、自国をあくまでも発展途上国だと主張し、保護主義的な通商政策を維持している。

    中国は社会主義国家と自称する一方では、どの国よりも貧富の格差が激しい。

    その国の貧富の格差を示すジニ係数は、中国当局の発表で0.467(2017年)。

    ジニ係数とは所得不平等などの度合いを表す指標で、0から1までの数値で算出される。0.4以上なら社会的不安が起き、0.5以上なら暴動などが起き得るとされている。これまで中国の民間団体や大学教授などが調査した結果では0.6を超える場合もある。

    11月22日のコラム<米中対立は「新冷戦」ではない>にも書いたように、中国は社会主義国家と自称しながら、内実、社会のどこにも社会主義的現象はなく、世界でも稀なほど貧富の格差が大きな国だ。社会主義国家ならどの国よりも「収入的に平等」でなければならないはずだが、どの国よりも不平等で、貧困層を救うことに国家予算を注いでいない。

    それでいながら巨額のチャイナ・マネーを他の発展途上国に注ぎ込み、チャイナ・マネーによってその国の歓心を買い、世界制覇を成し遂げようとしているのだから、性質(たち)が悪い。

    狡いのだ。

    トランプが怒るのも当然で、中国にはトランプ大統領のやり方を保護主義などと非難する資格はないのである。

    筆者が「新冷戦ではない」と主張したのも、その皮肉を込めたつもりだが、必ずしも十分に表現できなかったように思うので、改めてご説明する次第だ。

    先進諸国の企業を丸呑み

    トランプ大統領は、中国がアメリカ企業に投資して、その企業の技術を盗んだり、あるいは買収してしまって丸ごとアメリカ企業の技術を中国企業のものにしてしまっていることを非難しているが、その一つの例を見てみよう。

    たとえば1988年に清華大学の校営企業として出発し、今では中国政府との混合所有制になっている「清華紫光集団」の場合。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

    • 2

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 3

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)若者たち

    • 4

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

    • 5

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 6

      韓国激震、新型コロナウイルスで初の死者 感染急増1…

    • 7

      全長4mのワニ、ドローン行方不明などで救助作戦失敗…

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      【新型肺炎】東京五輪開催、間に合うか? ロンドン…

    • 10

      誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

    • 3

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 4

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 5

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 6

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 7

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

    • 8

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 9

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 10

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 1

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 2

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 3

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 4

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 8

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 9

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 10

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリコンバレー、格差社会の日常