Newsweek

アジア

ミャンマー仏教徒武装集団が警官9人殺害、兵士9人拘束か スー・チー、紛争泥沼化に苦慮

2019年3月14日(木)12時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

    ミャンマー西部ラカイン州で自治権拡大を求める仏教徒武装勢力「アラカン軍(AA)」の軍事訓練所のようす  Radio Free Asia - YoutTube

    <イスラム系少数民族ロヒンギャ族への弾圧で世界的に批判を受けたミャンマー。そのロヒンギャ族も住むラカイン州には、独立を求める武装勢力が複数存在し、ミャンマーの民主化にも影を落としている>

    ミャンマー西部ラカイン州で自治権拡大を求める仏教徒武装勢力「アラカン軍(AA)」と国軍による戦闘が激化している。3月9日には国軍の戦略拠点を巡る攻防戦が勃発、国軍兵士9人がAAの捕虜となり、多数の武器弾薬、工作機械、ドローンなどを奪われたほか、10日には同州の警察駐在所4か所がAA部隊によって襲撃され、警察官9人が死亡、2人が負傷したことなどが明らかになった。

    これはAAの広報担当キン・トゥカ氏が3月12日に米政府系放送局「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」に対して明らかにしたもので、同州で政府軍とAAによる戦闘がかなり激化していることを示している。

    AAによると、3月9日にラカイン州ピーチャウン地区のピャン・ソ村から約5.5キロ離れた戦略上の要所に展開していた国軍が、AA部隊に対して重火器を使用して攻撃。双方が激戦を展開した末、国軍側が後退したという。

    AAは国軍兵士9人を捕虜として拘束するとともに工作機械のユンボ(油圧ショベル)16台、トラック1台、パソコン3台、ドローン1機、小火器・重火器などの武器を押収したという。

    AAはRFAに対して「9人の国軍捕虜はきちんとした待遇を受けており、今後どうするかは上級司令部の指令待ちである」と述べ、虐待や暴行は行っていないことを明らかにしている。

    もっともピャン・ソ村などの住民は「兵士が捕虜になったらわれわれの耳にも入るはずで、そうしたことは聞いていないので間違いかフェイクニュースではないか」と話しているということで、最終的な確認は取れていない。

    ただAAは「捕虜にした兵士はラカイン州ゴワに駐屯する陸軍第563軽歩兵大隊所属の兵士だ」と具体的に所属を明らかにしていることから、信ぴょう性はあるとの見方も広がっている。

    RFAが国軍に情報の確認を求めているが、具体的な回答はない状況という。

    一方、翌10日にはAAによってラカイン州北部のヨータヨクやポンアクウン町区にある警察官駐在所4か所が襲撃され、銃撃戦の末、警察官9人が殺害され、2人が負傷する事件も発生した。

    AAは小規模で警察官が比較的少ない駐在所を襲撃対象として狙ったものとみられており、そのため襲撃による警察官の被害が大きくなったものとみられている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:弾圧中国の限界

    本誌 最新号

    特集:弾圧中国の限界

    ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

    2019年6月25日号  6/18発売

    人気ランキング

    • 1

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 2

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 3

      「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

    • 4

      タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

    • 5

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

    • 6

      嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

    • 7

      アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

    • 8

      年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

    • 9

      老後資金二千万円問題 「悪いのは誰か」

    • 10

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 1

      ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

    • 2

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

    • 3

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 4

      香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

    • 5

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 6

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 7

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 8

      日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

    • 9

      ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

    • 10

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 3

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 6

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 7

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    • 8

      トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実