Newsweek

事件

ウィキリークス創設者アサンジ容疑者起訴 「報道の自由」巧みに避けた米当局

2019年4月13日(土)12時00分

    「自由な報道の擁護者」を自称するアサンジ容疑者(写真)に対して、共謀して政府機関のコンピューターに侵入し、機密文書を漏えいしたとの容疑で起訴に踏み切った米司法省の判断は、言論の自由を懸命に守ろうとする同容疑者の能力を縛るだろう、と一部の法律専門家は指摘する。写真中央の男性はウィキリークス編集長のクリスティン・フラップソン氏。ロンドンで撮影(2019年 ロイター/Hannah McKay)

    内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ容疑者(47)が、7年間の「亡命生活」を送っていた在英エクアドル大使館で逮捕された。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 2

      生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

    • 3

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 4

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

    • 5

      金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

    • 6

      宇宙の真理にまた一歩近づく、画期的なX線宇宙マッ…

    • 7

      「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

    • 8

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

    • 9

      「カザフスタンで新型コロナより深刻な肺炎が流行」と…

    • 10

      インドが中国製アプリ「TikTok」を禁止した本当の理由

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 4

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

    • 5

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 6

      生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

    • 7

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 8

      「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

    • 9

      新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

    • 10

      どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 4

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 5

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

    • 6

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

    • 7

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 8

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 9

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 10

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】リアル過ぎる赤ちゃん人形が愛される理由