Newsweek

ドキュメンタリー映画

言論バトル『主戦場』を生んだミキ・デザキ監督の問題意識

2019年4月25日(木)17時00分
朴順梨(ライター)

    デザキはまた「これは想像にすぎないが」と断りつつ、自分が日系アメリカ人ということも影響したかもしれないと考えている。「右翼の人たちはアメリカ人向けに『慰安婦は存在しない』というキャンペーンを張っていたので、私が自分たちの役に立つと思ったのだろう。それは左翼の人たちも同様だ」

    題名の『主戦場』は、少女像がカリフォルニア州グレンデールに建つなど、慰安婦問題の対立が当事国の日韓ではなく、アメリカで起きているところから取っている。

    「なぜ慰安婦と関係がないアメリカに少女像を建てるのか、私も最初は不思議だった。でも左翼系の活動家は日本でこの問題が忘れられているだけに、全世界に少女像を置きたいのだと分かった。一方の右翼系は、アメリカ人の歴史認識を変えられれば世界中に影響が及ぶと考えたのではないか」

    magmovie190425shusenjo-3.jpg

    カリフォルニア州グレンデールのみならず、慰安婦の碑は世界各地に建設されている ©NO MAN PRODUCTIONS LLC

    誰のどんな主張が正しいかという先入観なしに始めたものの、取材中は自身の認識を問われることが何度もあった。「もともと慰安婦問題の知識があるわけではなかった」というデザキは、例えば否定派が米戦争情報局の「日本人捕虜尋問報告書49号」(慰安婦は売春婦もしくは「プロの従軍者」と記したリポート)を示した際などは、心がざわついたと語った。反論するだけの材料を持っていなかったからだ。「インタビュー後はよく、『自分はどう思っているのだろう』と揺れ動いた」

    映画には歴史修正主義者らによる差別的な発言が多く登場する。デザキは自らも日系アメリカ人として人種差別を経験してきたため、「これは間違った発言だ」と感じる瞬間はあった。その差別意識は自分に向けられたものではなかったので、耐えることができたという。

    韓国で上映したときは、多くの観客が心を乱されている姿を見た。「でもこの作品には慰安婦に差別的ではない日本人も登場する。そのことは韓国人の日本人に対する認識の幅を広げてくれたはずだ」と、デザキは言う。「私はこの映画を作ることで、人助けをしたかった」

    なぜ慰安婦問題をテーマにした映画が人助けにつながるのか。そう問うとデザキは、正しい知識を得ることがヘイトクライムの抑止になるからだと語った。「私が教えていた沖縄の高校のスピーチ大会で、ある女子生徒が『反日運動をしている中国人や韓国人には怒りを感じる。きっと日本の成功や技術革新に嫉妬している』と言っていた」

    デザキはそのとき、この発言は知識が足りないことが原因だと気付いた。なぜ他国の人が日本に怒りを持つのかを学んで理解すれば、相手と対話ができる、ヘイトクライムは防げる──。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 3

      クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、厚労省を告発

    • 4

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 5

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 6

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 7

      今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア…

    • 8

      新型コロナウイルス、クルーズ船の悲劇はまだ終わっ…

    • 9

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 10

      誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

    • 3

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 4

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 5

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

    • 6

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 7

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 8

      今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」…

    • 9

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 10

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 3

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 4

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 10

      「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】流血と破壊に蹂躙される現代の暗黒郷アマゾン