Newsweek

ドキュメンタリー映画

言論バトル『主戦場』を生んだミキ・デザキ監督の問題意識

2019年4月25日(木)17時00分
朴順梨(ライター)

    デザキはまた「これは想像にすぎないが」と断りつつ、自分が日系アメリカ人ということも影響したかもしれないと考えている。「右翼の人たちはアメリカ人向けに『慰安婦は存在しない』というキャンペーンを張っていたので、私が自分たちの役に立つと思ったのだろう。それは左翼の人たちも同様だ」

    題名の『主戦場』は、少女像がカリフォルニア州グレンデールに建つなど、慰安婦問題の対立が当事国の日韓ではなく、アメリカで起きているところから取っている。

    「なぜ慰安婦と関係がないアメリカに少女像を建てるのか、私も最初は不思議だった。でも左翼系の活動家は日本でこの問題が忘れられているだけに、全世界に少女像を置きたいのだと分かった。一方の右翼系は、アメリカ人の歴史認識を変えられれば世界中に影響が及ぶと考えたのではないか」

    magmovie190425shusenjo-3.jpg

    カリフォルニア州グレンデールのみならず、慰安婦の碑は世界各地に建設されている ©NO MAN PRODUCTIONS LLC

    誰のどんな主張が正しいかという先入観なしに始めたものの、取材中は自身の認識を問われることが何度もあった。「もともと慰安婦問題の知識があるわけではなかった」というデザキは、例えば否定派が米戦争情報局の「日本人捕虜尋問報告書49号」(慰安婦は売春婦もしくは「プロの従軍者」と記したリポート)を示した際などは、心がざわついたと語った。反論するだけの材料を持っていなかったからだ。「インタビュー後はよく、『自分はどう思っているのだろう』と揺れ動いた」

    映画には歴史修正主義者らによる差別的な発言が多く登場する。デザキは自らも日系アメリカ人として人種差別を経験してきたため、「これは間違った発言だ」と感じる瞬間はあった。その差別意識は自分に向けられたものではなかったので、耐えることができたという。

    韓国で上映したときは、多くの観客が心を乱されている姿を見た。「でもこの作品には慰安婦に差別的ではない日本人も登場する。そのことは韓国人の日本人に対する認識の幅を広げてくれたはずだ」と、デザキは言う。「私はこの映画を作ることで、人助けをしたかった」

    なぜ慰安婦問題をテーマにした映画が人助けにつながるのか。そう問うとデザキは、正しい知識を得ることがヘイトクライムの抑止になるからだと語った。「私が教えていた沖縄の高校のスピーチ大会で、ある女子生徒が『反日運動をしている中国人や韓国人には怒りを感じる。きっと日本の成功や技術革新に嫉妬している』と言っていた」

    デザキはそのとき、この発言は知識が足りないことが原因だと気付いた。なぜ他国の人が日本に怒りを持つのかを学んで理解すれば、相手と対話ができる、ヘイトクライムは防げる──。

    本誌紹介

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    本誌 最新号

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

    2020年9月29日号  9/23発売

    人気ランキング

    • 1

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

    • 2

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 3

      美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

    • 4

      台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

    • 5

      ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

    • 6

      「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

    • 7

      韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

    • 8

      日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

    • 9

      インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

    • 10

      Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 4

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 5

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

    • 6

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 7

      どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

    • 8

      美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

    • 9

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 10

      なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 3

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 4

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 5

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 6

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 7

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 8

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 9

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と