Newsweek

米朝関係

北朝鮮のミサイル発射直後、アメリカはICBMを発射していた

2019年5月10日(金)18時00分
トム・オコナー

    北朝鮮が軍事演習で発射したミサイル(10日提供、撮影日時は不明) KCNA-REUTERS

    <今週、米朝がほとんど同時にミサイル発射実験を実施――その真意はどこにあるのか>

    アメリカと北朝鮮は5月9日、ほぼ同時にミサイルの発射実験を行った。北朝鮮の非核化を目指した米朝間の交渉が行き詰まり、両国間の緊張が再び高まりかねないタイミングだが、背景には何があるのか――。

    韓国軍によると、北朝鮮は現地時間で午後4時半過ぎに、中西部の亀城(クソン)付近から東方向の日本海に向けて、短距離ミサイルと見られる飛翔体を発射した。この飛翔体は約420キロ飛行して日本海に落下した。さらに約20分後にも同様の飛翔体を発射し、この2発目も東方向に約270キロ飛行して日本海に落下した。

    北朝鮮は4日にも、東部・元山(ウォンサン)付近から短距離弾道ミサイルと見られる数発の飛翔体を発射し、米韓の専門家から「国連安保理決議に違反する」と指摘されていた。米朝間の非核化交渉が行き詰まりを見せる中で、北朝鮮が弾道ミサイル実験を実施したとすれば2017年以来、約1年4カ月ぶりのこととなる。

    一方ほとんど報じられていないが、9日の北朝鮮の1発目の発射実験から11分後には、アメリカも大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行った。カリフォルニア州のバンデンバーグ空軍基地から、約6700キロ離れた南太平洋・マーシャル諸島のクェゼリン環礁に向けて発射された。

    「今回のミサイル発射実験で米朝両国は、外交努力で積み重ねてきた脆い成果を吹き飛ばすリスクを冒している」と、核廃絶を目指す民間団体「ニュークリア・エイジ・ピース・ファンデイション」のリック・ウェイマンは本誌取材に語った。

    米原潜のミサイル実験も同時に

    両国の発射実験がほぼ同時刻だったにもかかわらず、またアメリカと北朝鮮は先週も数日の間を開けてミサイル発射実験を行っているが、米空軍の地球規模攻撃軍団(AFGSC)の広報は9日、米軍の「ICBM発射実験は、世界的なできごとや地域情勢の緊張に反発、反応したものではない」とコメントした。

    米国防総省は、ICBM発射実験はかなり以前から予定され、今年2月には米露が偶然、約1時間半の間に相次いでICBM発射実験を実施したこともある、と話している。

    今月の2回の実験で米軍が発射したのは、核戦略のトライアド(三本柱=ICBM・潜水艦発射ミサイル・空中発射巡航ミサイル)のうちICBMとして運用されている唯一のミサイル「LGM-30G ミニットマンIII」。核弾頭の搭載も可能だ。

    さらに9日のICBM発射実験の数時間後には、米海軍のオハイオ級原子力潜水艦ロードアイランドが、フロリダ州の沖合で核弾頭の搭載が可能なミサイルの発射実験を行った。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    本誌 最新号

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    2019年9月24日号  9/18発売

    人気ランキング

    • 1

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 2

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

    • 3

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 4

      香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

    • 5

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 6

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 7

      文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由

    • 8

      文在寅「超側近」チョ・グクの疑惑がここまで韓国人…

    • 9

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

    • 10

      コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

    • 1

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 2

      韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

    • 3

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

    • 4

      消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

    • 5

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 6

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 7

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 8

      「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」…

    • 9

      思い出として死者のタトゥーを残しませんか

    • 10

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 1

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 2

      日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    • 3

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 7

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 8

      サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

    • 9

      韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

    • 10

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して