Newsweek

アメリカ社会

アベンジャーズ大ヒットを支えたもう一つの要因 「薬物使用俳優」に寛容な米国社会

2019年5月8日(水)11時40分
猿渡 由紀(L.A.在住映画ジャーナリスト) *東洋経済オンラインからの転載

    ロバート・ダウニー・Jrが2009年ハリウッドのチャイニーズ・シアターで手形をつけるセレモニーに母親とともに出席。この数年前までは薬物依存症に苦しめられていた。 Fred Prouser - REUTERS

    ピエール瀧のコカイン所持逮捕事件が、波紋を呼び続けている。CMの放映は中止され、大河ドラマも別の役者で再撮影されるとのこと。それらをめぐって損害賠償はどうなるのかという話題も聞く。

    言うまでもなく、悲しいかなハリウッドは、違法ドラッグがらみのトラブルに関して経験豊かなベテランだ。有名スターがこのような事件で逮捕された場合、アメリカではどれくらいの騒ぎになるのか?

    「キャリアが終わる」ことはない

    答えを先に言うなら、ほとんど騒がれない。過剰摂取(OD)で命を落とした、あるいは落としそうになったとなれば、もちろん大ニュースだ。だが、逮捕されただけならば、誰も大して驚かないというのが、実際のところなのである。

    薬物使用でキャリアが落ち目になったスターも、もちろんいる。しかし、それは逮捕のせいで映画やテレビから締め出されたというより、依存症の影響で職場に迷惑をかけた結果である。遅刻や無断欠勤をする、セリフを覚えてこない、などだ。

    そんな人を雇うと振り回されて大変だし、何しろ保険会社が嫌う。ハリウッドでは映画の製作プロジェクトごとに保険に入るのだが、キャストにこういう人物がいると、保険代が桁外れに高くなるのだ。

    「アベンジャーズ」「アイアンマン」シリーズでおなじみのロバート・ダウニー・Jr.は、過去に薬物がらみで服役し、出所してきた後、ウディ・アレンから出演をオファーされるも、出演にあたっての高額な保険代が理由で最終的に断られた。

    彼の場合は、親しい友人メル・ギブソンが、「保険代は自分の懐から出す」と、自らプロデューサーも兼任する映画『The Singing Detective(日本未公開)』に出させてくれたおかげで、復活の機会を与えられている。リンジー・ローハンも、保険が高くなりすぎて「事実上雇えない人」のハンコを押された1人だ。

    本誌紹介

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    本誌 最新号

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

    2020年9月29日号  9/23発売

    人気ランキング

    • 1

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

    • 2

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 3

      美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

    • 4

      台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

    • 5

      ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

    • 6

      「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

    • 7

      韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

    • 8

      日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

    • 9

      インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

    • 10

      Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 4

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 5

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

    • 6

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 7

      どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

    • 8

      美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

    • 9

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 10

      なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 3

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 4

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 5

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 6

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 7

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 8

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 9

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と