Newsweek

アメリカ社会

アベンジャーズ大ヒットを支えたもう一つの要因 「薬物使用俳優」に寛容な米国社会

2019年5月8日(水)11時40分
猿渡 由紀(L.A.在住映画ジャーナリスト) *東洋経済オンラインからの転載

    1990年代末に、コカイン所持で何度か逮捕されたチャーリー・シーンは、きちんと更生しないまま、2000年代にコメディー番組「Two and a Half Men」でキャリアのピークを謳歌するも、12カ月の間に3度も依存症更生プログラムのため撮影を停止するなど、迷惑をかけ続けた。それでも製作側は我慢し続けてくれたのに、シーンが反省しないばかりか、揚げ句に番組のクリエーターの悪口を公にぶちまけたため、ついにクビになっている。

    人気コメディードラマ「フレンズ」で6人いる主役の1人、チャンドラーを演じたマシュー・ペリーも、放映中、薬物依存症で更生施設に入所したり、その影響で体重が極端に増減したりしたが、番組にはそのまま出演し続けた。

    ゴールデンタイムに放映される子どもも見る国民的人気番組だったが、追い出されなかったのだ。アメリカではとりあえず時間どおりに現場に来て仕事をこなせるなら回復を見守るというのが、基本的な姿勢なのだろう。番組の視聴者からも、そのことに対する異議は聞かれていない。

    それでも、ペリーは、「フレンズ」のシーズンの合間に映画を撮影した折、途中で依存症が悪化して治療のためにロケ地を抜け、ロサンゼルスに戻るということをしている。それによって、製作予算にも影響が出ているはずだ。

    ダウニー・Jr.も、ドラマ「アリーmy Love」出演中に薬物がらみの警察沙汰で出演を続けられなくなったことがあった。だが、そのどちらのときも、シーンが「Two and a Half Men 」を急きょクビになったときも、損害賠償はどうなるのか、などという話題は出ていない。おそらく、契約書ではあらゆる場合が想定され、対応が決められているのだろう。

    薬物によって亡くなった場合どうする?

    撮影中にODで死んでしまったという場合も、はたしてどうやって撮影を続けるのか、という物理的な部分の話は出ても、この人のせいで出る損失をどうするか、という話はまず聞かない。実際にそのような問題で頭を抱える人はいるのだろうが、誰かが亡くなったときにそんな話を出すのは不謹慎だという配慮と思われる。

    2008年に急性薬物中毒で亡くなったヒース・レジャーの主演作『Dr. パルナサスの鏡』は、レジャーの友人だったジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人が代役を務めることで完成した。3人はギャラをレジャーの娘に寄付している。

    本誌紹介

    特集:ドイツ妄信の罠

    本誌 最新号

    特集:ドイツ妄信の罠

    良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

    2020年11月 3日号  10/27発売

    人気ランキング

    • 1

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 2

      米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

    • 3

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 4

      日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

    • 5

      新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

    • 6

      新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

    • 7

      日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

    • 8

      キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

    • 9

      中国共産党化する日本政治

    • 10

      コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 3

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

    • 4

      女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

    • 5

      中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

    • 6

      菅首相は安倍首相に続き自滅か

    • 7

      黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

    • 8

      毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

    • 9

      ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

    • 10

      中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

    • 3

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 4

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 7

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 8

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 9

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 10

      「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う