Newsweek

米外交

ベネズエラ危機、独裁打倒の失敗とアメリカの無責任

2019年5月9日(木)16時20分
クリストファー・サバティーニ(コロンビア大学国際公共政策大学院講師)

    カラカスの空軍基地の近くで機動隊と対峙する反政府デモ CARLOS GARCIA RAWLINSーREUTERS

    <グアイドの反政府デモは今回も不発 軍事介入をにおわせつつ何もしない米政府の罪>

    始まりはサプライズだったが、終わりは今までどおりの尻すぼみ。ベネズエラの独裁政権打倒はならず、例によってトランプ米政権は、全てはキューバとロシアのせいだとかみついた。

    それは4月30日の早朝だった。野党指導者で国会議長のフアン・グアイド(1月に暫定大統領への就任を宣言している)は、軍人や有力な野党政治家レオポルド・ロペスらを従えて軍隊に決起を呼び掛け、共にマドゥロ政権と戦おうと訴えた。

    ツイッターに投稿された動画を見ると、グアイドは首都カラカスの空軍基地前で、ニコラス・マドゥロ大統領による「権力の強奪」を今こそ終わらせなければならないと叫び、国民や軍に政権打倒の「最終段階」への参加を呼び掛けている。

    ちなみにロペスは、この動画が出る直前まで自宅に軟禁されていた。どうやら反政府側に加わった兵士たちによって軟禁を解かれ、駆け付けたらしい。

    その後、ベネズエラのソーシャルメディアは、持ち場を離れる兵士や、反政府を示す青い腕章を着けてグアイド率いる「自由作戦」に参加する兵士の姿を捉えた投稿であふれた。

    しかし、こうした投稿に見入る人々の驚きや期待はどこへやら。市民による大規模なデモ行進も、軍幹部の離反も現実には起こらなかった。

    そしてグアイドによる動画公開から半日もたたないうちに、今回の「決起」は急速に勢いを失っていった。その後はさまざまな臆測が飛び交い、非難の応酬があり、ホワイトハウスは強硬姿勢を取り、ロペスとその家族はスペイン大使館に保護を求める羽目になった。

    マドゥロ政権打倒を目指してグアイドが決起を促したのはこれが3回目。そして反政府運動自体はウゴ・チャベスが大統領選に勝利した98年直後から続いている。チャベス就任の数週間後には早くも野党指導者らが国民にデモを呼び掛けていた。政権内部の分裂を誘い、政権交代につなげようとの狙いだった。

    02年4月には国家警備隊がデモに参加していた市民に発砲し、銃撃戦となった。それを受けて48時間もたたないうちに軍はチャベスに退陣を求めたが、それに反対する勢力が勢いを増すと、軍は退陣要求を撤回した。

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではなくトランプ政治

    • 3

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 4

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

    • 5

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

    • 6

      「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

    • 7

      関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

    • 8

      EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

    • 9

      トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

    • 10

      台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

    • 4

      韓国の世代間格差と若者の怒り

    • 5

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 6

      EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

    • 7

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 8

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 9

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 10

      親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 6

      中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

    • 7

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 8

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 9

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と