Newsweek

核・ミサイル開発

イラン核合意は存続できるか 欧州の「頼みの綱」は中国、インド

2019年5月13日(月)09時11分

    中国が頼みの綱

    INSTEXを機能させるには、イランが国際的な不正防止基準を満たす「ミラーカンパニー」を設置する必要があるが、関係者によると準備は進んでいない。法律の制定も道半ばだし、イランの金融システムが透明性を欠いていることも障害だ。

    米国が、イラン経済の一部を牛耳るイスラム革命防衛隊(IRGC)を制裁対象としたことも、事態をややこしくしている。前出の欧州外交筋によると、INSTEXを利用する国は、結果的にIRGC絡みの法人を利することのないよう、細心の注意を要する必要がある。

    そこで欧州が「プランB」として望みを託すのが、中国とインドによるイラン産原油の購入だ。

    中国は、米国による一方的な対イラン制裁に反対し、4月にはイラン産原油の輸入を増やした。外務省報道官は、核合意を完全に履行する必要があると述べているが、中国が合意を守るためにどのような行動を起こすかは定かでない。

    一方、イラン産原油の輸入量で中国に次いで世界第2位のインドは、11月以来イラン産の輸入を半分に減らした。今のところ、インド高官らは他の供給先を探すと表明している。

    EU高官らによると、インド政府はINSTEXへの参加に関心を示しているが、話し合いはまだ始まっておらず、実行可能かどうか疑問が残る。

    英王立国際問題研究所(チャタムハウス)の中東・北アフリカ・プログラムのシニア調査フェロー、サナム・バキル氏は「欧州は自分が出来ないことを中国とインドにやらせようとしており、無能ぶりをさらけ出している」と言う。

    「欧州諸国が大局観を持って対応を考えているとは思えない。イラランに提供できるような、意味ある経済的選択肢が無いのは明らかだ」。

    一方で欧州の外交官は「イランは欧州に一層の対応を迫っているが、それなら中国とロシアはどうだ。両国はあまり努力していない。中国は米国の制裁を恐れて、いくつかの分野でぐずぐずしている」とこぼした。

    バキル氏は、英国、フランス、ドイツは核合意維持のため、関係諸国との高レベルの外交に焦点を絞るべきだと主張。「欧州3カ国が合意存続に向け、使命感を持って努力しなければ合意は崩壊する」と述べた。

    (Robin Emmott記者、John Irish記者、Paul Carrel記者)

    [ブリュッセル/パリ/ベルリン ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:進撃のYahoo!

    本誌 最新号

    特集:進撃のYahoo!

    メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

    2019年12月17日号  12/10発売

    人気ランキング

    • 1

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

    • 2

      東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お台場に懸念の米水泳チームが訴え

    • 3

      筋肉だけでなく、スピード・反射神経も高める「囚人筋トレ」の最終形

    • 4

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 5

      日本の格差社会が「お客様」をクレーマーにし、店員…

    • 6

      フィンランド、34歳女性首相に託されたリベラルを救…

    • 7

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 8

      トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

    • 9

      米下院のウイグル人権法案、中国が香港問題以上に反…

    • 10

      対中感情が欧米で悪化──米加は過去最悪(米調査)

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

    • 3

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 4

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    • 5

      ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

    • 6

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

    • 7

      『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

    • 8

      人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

    • 9

      韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

    • 10

      5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 3

      「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

    • 4

      元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

    • 5

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 6

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

    • 7

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 8

      GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

    • 9

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 10

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ラスベガスになれない「成金」マカオ