Newsweek

テクノロジー

音楽ストリーミング配信は環境に優しくない?

2019年5月14日(火)16時40分
マット・ブレナン(グラスゴー大学准教授)、カイル・デバイン(オスロ大学准教授)

    音楽業界の「脱物質化」に伴い温室効果ガスの排出量はむしろ増加している URBANCOW/ISTOCKPHOTO, DELMAINE DONSONーE+/GETTY IMAGES

    <レコードやCDの時代より格安に楽しめるが目に見えない環境コストは増加する一方だ>

    音楽ファンがこぞってLPレコードを買いあさった時代を懐かしむ人は多い。彼らは週末になると地元のレコード店でお気に入りの1枚を買い求め、何度も聴き入った。

    毎年4月の第3土曜日に開催される「レコードストア・デイ」は、ストリーミング配信が主流となった現代に生き残りを模索する実店舗を応援しようと、10年ほど前に始まった国際イベント。今でもこの日ばかりは世界各地のレコード店で、好きなアーティストの限定版を買い求める人々の行列ができる。

    かつての音楽ファンは現代よりも音楽に大きな価値を見いだしていたと言われる。音楽の「黄金時代」を懐かしむベビーブーマー世代からは、現状への不満の声も聞かれる。だが、そうした指摘は事実だろうか。

    納得できない私たちは、データを分析して彼らの主張の正当性を検証してみた。すると、想像以上に多くの誤解があることが明らかになった。

    私たちはアメリカの音楽業界の古い資料をひもとき、LPレコードやCDなどそれぞれの時代に一世を風靡した音楽記録媒体が、経済と環境に与える負荷を比較した。その結果、まず浮かび上がったのは、音楽を所有するという贅沢のために人々が喜んで支払う金額が劇的に変化してきたことだ。

    蓄音機で再生するシリンダーレコードの製造数が最多だった1907年、その小売価格は現在の貨幣価値で13.88ドルだった。47年に製造数がピークに達したSPレコードは10.89ドルだったが、77年のLPレコードの価格は28.55ドルに跳ね上がった。

    その後、88年に製造数が最多となったカセットテープは16.66ドル、2000年のCDは21.59ドルと続く。しかし13年にダウンロード版が全盛期を迎えると、その価格は11.11ドルにまで低下した。

    低価格化の流れは、1週間の給与に占める各音楽媒体の小売価格の割合を見れば明白だ。1977年にはLPレコード1枚の価格はアメリカの平均的な週給の4.83%を占めていたが、2013年のダウンロード版は週給のわずか1.22%だ。

    音楽配信技術の登場によって音楽消費のビジネスモデルも変化している。今やスポティファイやアップルミュージック、パンドラなどのストリーミングサービスを利用すれば、週給のわずか1%余りの利用料でほぼ全ての音楽にアクセスすることができる。

    巨大サーバーの電力消費

    一方、環境への負荷はどう変化してきたのか。直感的には、CDなどの生産が減れば温室効果ガスの排出量も減少するように思える。

    77年にアメリカの音楽業界で製造されたプラスチック製品は5800万キロ。CD全盛期の2000年には6100万キロに増加したが、ダウンロード版とストリーミング配信の普及に伴い、16年には800万キロにまで減少している。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

    • 3

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

    • 4

      着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

    • 5

      トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

    • 6

      ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

    • 7

      横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

    • 8

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 9

      世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

    • 10

      まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

    • 5

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 6

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 7

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 8

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 9

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 3

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 9

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 10

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩