Newsweek

米中貿易戦争

強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を打っている」

2019年5月14日(火)16時50分
キース・ジョンソン

    5月1日、北京での協議を終えて報道陣の前に現れた米中当局者たち ANDY WONG-POOL-REUTERS

    <トランプが制裁関税を25%に引き上げると発表したが、2大経済大国の貿易戦争はもう避けられないのか。中国経済に詳しいエコノミスト、パトリック・チョバネクが語る見通し>

    20190521cover-200.jpg
    ※5月21日号(5月14日発売)は「米中衝突の核心企業:ファーウェイの正体」特集。軍出身者が作り上げた世界最強の5G通信企業ファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)。アメリカが支配する情報網は中国に乗っ取られるのか。各国が5Gで「中国製造」を拒否できない本当の理由とは――。米中貿易戦争の分析と合わせてお読みください。

    ◇ ◇ ◇

    5月10日、ドナルド・トランプ米大統領は中国からの輸入品2000億ドル相当に対する制裁関税を25%に引き上げることを発表。ワシントンで開催されていた米中閣僚級協議は、合意に達しないまま終了した。

    米中貿易戦争は避けられないのか。アメリカと中国の経済にはどのような影響が及ぶのか。中国経済に詳しいシルバークレスト・アセット・マネジメント社のチーフストラテジスト、パトリック・チョバネクに、フォーリン・ポリシー誌のキース・ジョンソンが聞いた。

    ――今後、米中が合意に達する可能性はまだ残されているのか。それとも、貿易戦争の長期化を覚悟するほかないのか。

    現状では、米中両国共に強気で交渉に臨んでいる。中国は、自国経済の先行きを不安視していた昨年後半の段階ではアメリカの強硬姿勢に恐れをなしていたが、今はもう違う。景気を刺激することに成功したと自負し、通貨の人民元を元安に誘導することは可能だという自信も抱くようになった。その結果、貿易交渉では自分たちのほうが強い立場にあると思っている。

    一方のトランプも、今年第1四半期のGDP成長率が3.2%を記録したことで強気になっている。アメリカ経済は至って順調で、中国との関税合戦によりダメージを被ったとしてもかすり傷程度にすぎないと考えている。

    もっとも、私はどちらの政府の考え方にも疑問がある。まず、アメリカ経済の状態は数字ほどよくない。中国にとっても、貿易問題が最大の懸案ではないにせよ、通商環境が厳しくなればほかの問題に対処することが難しくなる。両国とも、自国の置かれた状況を楽観し過ぎている。

    ――関税の引き上げは、アメリカ経済にどれくらい大きな影響を及ぼすと思うか。

    GDPが3.2%上昇したといっても、主に在庫の増加と輸入の減少を反映しているにすぎない。この2つは、景気に関して強気になれる材料ではない。事実、国内需要の伸びは、昨年第2四半期には4%を超えていたのが、今は1.5%まで落ち込んでいる。アメリカ経済が不況に突き進んでいると決め付ける必要はないが、景気減速が際立っていることは間違いない。

    しかも、中国が本気でけんかをする気になれば、人民元の切り下げに踏み切りかねない。中国もダメージを受けるが、「やられた以上はやり返したい」と思えば、それを実行する可能性はある。そうなれば、アメリカ経済に厳しい逆風が吹き付ける。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:進撃のYahoo!

    本誌 最新号

    特集:進撃のYahoo!

    メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

    2019年12月17日号  12/10発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国「アナ雪2」1000万人突破の影でディズニー訴えられる 大ヒットを支えた「ドベ」とは?

    • 2

      英総選挙、驚きの保守党圧勝を読み解くと

    • 3

      カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新キャラと予想

    • 4

      キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

    • 5

      共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

    • 6

      サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存…

    • 7

      英総選挙、どっちつかずより「とっとと離脱」を選ん…

    • 8

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

    • 9

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 10

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

    • 1

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

    • 2

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 3

      共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

    • 4

      中国で焚書令、文化大革命の再来か

    • 5

      カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ…

    • 6

      東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

    • 7

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 8

      サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存…

    • 9

      キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

    • 10

      トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 3

      「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

    • 4

      元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

    • 5

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 6

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

    • 7

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 8

      GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

    • 9

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    • 10

      何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】殺戮者の子供と生きたルワンダの母親たちの25年